FC2ブログ
04 << 2020/05 >> 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
仮想通貨、FX投資、株式投資、不労所得、おすすめクレジットカードなどを分かりやすく紹介・解説
2020 05-02 Sat 22:52:33
[ 投資の予備知識 ]
いつも当ブログを訪問いただきありがとうございます。
下記のボタンをポチッと押して応援していただけますと
大変励みになります。今後ともよろしくお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

ブログランキングでぽちっと応援よろしくお願いします!仮想通貨部門で1位を狙っています!
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ
にほんブログ村

仮想通貨ランキング


PayPalの創業者であり、Facebookの取締役でもあるピーター・ティール氏。

今後の世の中の動きを読むには彼の投資している先をつぶさに研究していったほうが

よいと思います。

彼はビットコイン(BTC)を長期的に支持していることでも知られており、

浮動島の建設を目指す仮想通貨・暗号通貨プロジェクトにも携わっています。

また仮想通貨イオス(EOS)の開発元であるBlock.oneに投資していることも明かされています。

FORTUNEによると、ピーター・ティール氏は現在、

・バイオテクノロジー メトセラ財団 SENS研究財団など

・ブロックチェーン

・データ分析

・仮想通貨

などに投資している可能性があるとされています。

実際にピーター・ティール氏がビットコインなどの仮想通貨を大量に購入していることは

以前から度々ニュースにもなっており、

複数のブロックチェーン関連企業に投資を行っていることも明らかになっています。

ティール氏はビットコインを『長期的に上昇し続ける』との予想を以前に語っており、

世界が崩壊した時のための一種のリスクヘッジだとも述べています。

ティール氏はビットコインは"金"と同等の価値がある唯一の仮想通貨だとも語っており、

同氏のベンチャーキャピタル企業である「Founders Fund」は、

過去6年間に渡ってビットコインを購入し続けていることも明らかになっています。

Founders Fundとは?
 ⇓  ⇓  ⇓




【仮想通貨ステラ・リップル・BAT買うなら、GMOがお得です。口座開設はコチラから】


スポンサーサイト



スポンサーサイト



テーマ:暗号通貨 - ジャンル:株式・投資・マネー

債権バブルについて
2020 04-29 Wed 08:49:22
[ 投資の予備知識 ]
いつも当ブログを訪問いただきありがとうございます。
下記のボタンをポチッと押して応援していただけますと
大変励みになります。今後ともよろしくお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

ブログランキングでぽちっと応援よろしくお願いします!仮想通貨部門で1位を狙っています!
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ
にほんブログ村

仮想通貨ランキング

今や世界の債権の4分の1がマイナス金利という異常事態です。

債権は主に2種類あり、国が発行するのが国債で、企業が発行するのを社債と言います。

債権はいつ、いくら戻ってくるかがあらかじめ設定されているので、株式と比べて

リスクの低い金融資産と言われています。

満期が設定されている債権は、途中で売却することが可能です。

その価格は株式と同様に変動します。

どのように変動が起こるかと言うと、年利3%の債権を購入し、その後、

金利が4%に上がれば、新たに発行される債権の年利は4%になります。

すると年利3%の債権の魅力はうすれ、価格が下がるというわけです。


例えば、現在のソフトバンクのドル建て社債は7年半で約5%の利回り、

フォードは11年2か月で約8%の利回りです。

高収益な企業であればいいのですが、上記の2社は借入が多すぎて、

売上、利益が返済に追いつかないレベルにある危険水域に突入しています。

世界的にカネ余りの状態のはずなのに、高利回りの社債を発行してしか

資金調達できないのは、危険としか言いようがありません。


世界的な大企業や国でもハイリスク・ハイリターンの状況に陥った債権が

ごろごろ転売されている感じがします。うまく売り抜けている証券会社の策略に

はまっている状態とも思えてきます。

現在、世界中でマイナス金利が横行し、債券バブルは加速しています。

これは満期まで待っていても償還されるお金は購入額より低くなることを意味します。

しかし、短期の売買益を追求する投機筋が、うまく買い売りを繰り返し、社債はともかく

国債は買われ続け、価格は上昇しているのが現状です。



国債・株式・先物に詳しくなって金融に強くなるなら!
      ⇓  ⇓  ⇓  ⇓
スマホ訴求

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

2020 02-02 Sun 22:17:54
[ 投資の予備知識 ]
いつも当ブログを訪問いただきありがとうございます。
下記のボタンをポチッと押して応援していただけますと
大変励みになります。今後ともよろしくお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

ブログランキングでぽちっと応援よろしくお願いします!仮想通貨部門で1位を狙っています!
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ
にほんブログ村

仮想通貨ランキング


ウォーレン・バフェット成功のための10のルール

この動画での彼のアドバイスは非常にためになりました。



1 情熱を見つける

 自分の好きなことに熱中し、それを仕事にしたほうがよいということです。

2 上手く雇う

 誠実な人間、知性があり、行動力がある人間を雇う。
 これは友人や仲間を持つ基準としても言えるかもしれません。

3 他人の発言を気にするな

 自分の考えがしっかりしていれば他人の意見や批判など気にならないものです。

4 読め、読め、読め

 1日5時間6時間を読書にあてるというのは、非常に大切なことだと思います。
 ここまで読み込まないと価値ある投資にはたどり着けないのかもしれません。

5 安全率をもて

 危険なギャンブルのように資金管理ができていない人がいますが、投資には
 必ずリスクがつきものです。その変動率に耐えられるメンタルと退場させられない
 資金管理は必須条件です。

6 競争優位性をもて

 競争の優位性がなければ収益性は望めません。このあたりの判断をするために
 たくさんの会社の資料を読み込むのでしょう。

7 人間形成のために 
 
8 戦い続けろ

9 成功例

 投資家グレアムの本は今後じっくり読んでみたいです。

10 無償の愛を与えよ

 最終的には人にやさしくするとか親切に教えてあげるとか、リターンを期待せず
 に与えるということは気持ちもいいということでしょう。




以下は株式投資を始めたい方へのおすすめです。

株式投資するならSBIです!まずは、Tポイントで購入できる株式投資から】

SBIネオモバイル証券

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

2020 01-22 Wed 11:36:11
[ 投資の予備知識 ]
いつも当ブログを訪問いただきありがとうございます。
下記のボタンをポチッと押して応援していただけますと
大変励みになります。今後ともよろしくお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

ブログランキングでぽちっと応援よろしくお願いします!仮想通貨部門で1位を狙っています!
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ
にほんブログ村

仮想通貨ランキング



投資顧問会社グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード最高投資責任者は、

このところの相場上昇を高く評価して状況は見た目ほど良くないと指摘しています。

私もこの意見に同感で、ニューヨーク市場も日経平均株価も10年以上右肩上がりで、

リーマンショック後からこの傾向が続いています。

マイナード氏は中央銀行の緩和的な金融政策によってもたらされた資産価格の膨張を

「ポンジスキーム(ねずみ講)」になぞらえ、

いずれ崩壊は避けられないとの考えを示してます。

どうしようもない金融商品を高値で売り抜けた人間が儲ける構図です。

ねずみ講とは?



同氏は「転換点に達し、投資家がデフォルト(債務不履行)や

格下げの増加に気付くようになる」と指摘。

すでにある程度の警戒感を持っている私は気づいています。

現状は、高リスク資産の値上がりをよそにデフォルトが増加している状況でしょう。

また、「BBB」格付けの債券にはさらなる格下げのリスクがあり、

いつ何時あるかもわかりません。

格下げが何かのニュースや事件がきっかけで起これば、

多くの賢明な投資家は気づくはずです。

そのときは、リーマンショックのようなポンジースキーム崩壊が起こるでしょう。

それまでは、株価吊り上げバブルは続きますが、

その時期は近いこと間違いないでしょう。

現在、個人ができる対策は警戒しながら価値ある株を買い増し、

そして価値ある暗号資産を安値で買い増す。こんな戦略しかないかもしれません。

以下は私のおすすめです。

株式投資仮想通貨投資をするならSBIです!まずは、Tポイントでできる株式投資から】
SBIネオモバイル証券

仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル買うなら、GMOがお得です。口座開設はコチラから】



人気ブログランキングへ

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

2020 01-20 Mon 11:28:31
[ 投資の予備知識 ]
いつも当ブログを訪問いただきありがとうございます。
下記のボタンをポチッと押して応援していただけますと
大変励みになります。今後ともよろしくお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

ブログランキングでぽちっと応援よろしくお願いします!仮想通貨部門で1位を狙っています!
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ
にほんブログ村

仮想通貨ランキング



株式投資でも仮想通貨投資でも一番大切なことは儲けることより損をしないこと。

多くのトレーダーは儲けたいばかりに短期の売買に固執します。

トレーディングを繰り返せば繰り返すほど、投資から投機になってしまうことを

知りません。

資金を提供してリスクを許容しながら、それを持っている状態が投資です。

ですから、初心者で株取引の口座を開設したら、まずは厳選して株を購入し、

むやみやたらに価格が上がった下がったに左右されて売り買いをしないことです。

低位株で急騰したら別ですが、東証1部上場企業の株はそんなに急騰することは

ありません。

また、金融や投資のプロの話をそのままうのみにしないことが大切で、

常にエビデンスを取ること、市場の動向を勉強することが大切です。

銀行の窓口に資産運用の相談に行くなど愚の骨頂です。

相手は投資信託や保険を売ってなんぼの商売です。手数料で儲けていると

いうことを知らなければなりません。

金融商品は私の経験上、人間から直接購入すると損します。

投資家も経営者も人間だけを見て判断すると足元をすくわれます。

仮想通貨も同様です。株式市場より時価総額が圧倒的に低い仮想通貨は、

素人が手を出すとそのボラタリティーに翻弄され、売り買いを繰り返してしまいます。

仮想通貨においては、一番得策はガチホです。

低位株の急騰のように売り抜ければいいですが、

1回や2回は可能でも何回もそうやって利益を上げるのは至難の業でしょう。

仮想通貨取引業者も売り買いの手数料が収入として入るからやっているようなものです。

このフィンテックの分野は、まだまだ開発途上。

しっかりとした整備がなされるまでガチホできる人が

実りを得ると思います。

以下は私のおすすめです。

株式投資・仮想通貨投資をするならSBIです!まずは、Tポイントでできる株式投資から】
SBIネオモバイル証券

【仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル買うなら、GMOがお得です。口座開設はコチラから】



人気ブログランキングへ

テーマ:めざせ経済的自由! - ジャンル:株式・投資・マネー

2019 11-15 Fri 21:16:21
[ 投資の予備知識 ]
ブログランキングでぽちっと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ
にほんブログ村

仮想通貨ランキング

ソフトバンクの最悪のシナリオは資金ショートです。

また、大きすぎてつぶせないレベルなので、国民の血税が注がれ、

外資に買いたたかれるというシナリオが最悪です。

ソフトバンクは16兆円の連結有利子負債があり、

毎年1兆円程度の借入返済期日がやってきます。

これに対して19年9月中間期における連結営業キャッシュフローは

3736億円(年間換算7472億円)にすぎません。

現在のビジネスモデルを継続する限り、

ソフトバンクは毎年2528億円(1兆円-7472億円)の借金を連結で

永遠に増やし続けていかなければならず、それは不可能です。

兆単位だとわかりにくいので、万円単位に直すと、

160万円の借金があり、毎年期日までに利息を10万円払わなければならず、

半年の収入が37360円しかない状態です。年間で74720円の収入。

毎年、25280円赤字を続けることになります。

これがアルバイトのフリーターだとしたら、金銭的に苦境に陥っていく

可能性が非常に高いですね。破綻は必至です。

しかし、ソフトバンクにはチームがあります。

LINEと統合、ZOZOを買収、決済システムのPayPayの知名度アップに

より起死回生の逆転満塁ホームランは考えられるので、楽しみな面もあります。

テクノロジーが未来を変える社会になるか、孫さんの大風呂敷で終わるのか。

まだまだわかりません。

私の読みが中長期で当たるかどうか仮想通貨について語ってみました。
     ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓



【株式投資・仮想通貨投資をするならSBIです!まずは、Tポイントでできる株式投資から】
SBIネオモバイル証券

【仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル買うなら、GMOがお得です。口座開設はコチラから】



人気ブログランキングへ

テーマ:仮想通貨情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

2019 11-07 Thu 14:59:05
[ 投資の予備知識 ]
いつも当ブログを訪問いただきありがとうございます。
下記のボタンをポチッと押して応援していただけますと
大変励みになります。今後ともよろしくお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

この本でキヨサキ氏は、フェイクマネー、フェイク教師、フェイク資産を

とりあげていますが、さまざまな問題が指摘されています。

たとえば、日本では年金制度の危機と老後不安に注目が集まっているが、

実はこれはほとんどの国に共通した問題だ、ということもわかります。

キヨサキ氏は、そうした問題の根源にあるのはフェイクマネー、

偽のお金だと指摘するが、では、本当のお金とは何か、

キヨサキ氏の定義を見てみましょう。

キヨサキ氏は、この本の第一部で、「お金がお金であるための基準」を

次のようにまとめています。

お金は価値を保存するものである。

お金は計量単位である。

お金は交換の媒体である。

アメリカドルはこの3つの基準のうち2と3は充たしているが、

1の「価値を保存する」という機能を失っているのではないか、

とキヨサキは指摘しています。

そのことは、金(ゴールド)の価格が上昇しつづけていることからも明らかだ、と言います。

もともと各国の通貨は金銀など貴金属の価値を裏付けとして

信用され流通してきましたが、20世紀になって金本位制を離れ、

政府の信用を裏付けとしたものになりました。

金本位制でなくなったことで、

世界経済は大きく発展できたとも言われていますが、

一方で貨幣価値は不安定になりました。

中央銀行がどれほど紙幣を発行するかに加えて、

クレジットカードなど個人の信用によって借金の形でお金が

生み出されるようにもなりました。

そうなると、お金の価値はどんどん下がっていくことになります。

それが今のさまざまな問題を生み出しています。

私たちがいま手にしているお金の正体とはなんでしょうか。

どうしたら金持ちになれるのか。

この本を読んでぜひ考えてみてほしいです。



少額株式投資から始めてみてはいかがでしょうか。口座開設はこちらから。
       ↓ ↓ ↓ ↓
SBIネオモバイル証券
2019 11-02 Sat 11:13:47
[ 投資の予備知識 ]
訪問ありがとうございます。以下のボタンを押していただき、当ブログの応援を
よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ
にほんブログ村



PayPayもラインペイも大赤字で大失敗と思われるのですが、

設備投資、認知度アップとしては大成功だと私は思っています。

約70倍の赤字を出してでも得たいもの。

それは認知度と利便性に対する期待感の創出。

知名度と利便性が上がればマーケットからお金を得るのは難しくありません。

ソフトバンクの孫さんは、かつてのアマゾンを安値で買えなかった。

こんなにアマゾンが普及すると信じてなかった。

私もアマゾンなんて訳の分からない中古のオンラインブックストアなんて

だれが使うのかって当時バカにしてました。

2000年から2001年になったとき、ITバブルが崩壊し、

当時のアマゾン株価でさえ、20分の1になっています。

◎アーティストAI CM撮影現場で語る Amazon Echoで出来ること◎



誰もここまでになるとは思ってもいなかったかもしれません。



ちょうど今のリップルみたいな感じです。

あくまでも未来の話なので、リップルはそのまま消えていくかもしれません。

しかし、アマゾンやグーグルより巨大な可能性があるのは確か。

ビットコインは多くの人に認知されて、今の価格。

◎Keisuke Honda (本田 圭佑) - Bitpoint | 本田圭佑 イメージムービー◎



まだまだ先駆者レベルです。CMも本田選手を起用してチャレンジングな

イメージですから。

イーサリアムもリップルもこれだけ仮想通貨が騒がれてもその存在を知らない人が大半。

投資は自己責任ですし、未来のことは不確定でわかりませんが、

本物の投資家は目先のボラタリティに一喜一憂しないのものですね。

リップル買うなら、GMOがお得です。口座開設はコチラから
  ↓ ↓ ↓ ↓


2019 10-27 Sun 20:05:11
[ 投資の予備知識 ]
訪問ありがとうございます。以下のボタンを押していただき、当ブログの応援を
よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

今の日本をよく表している

面白くてわかりやすい動画を発見したのでここに紹介しておきます。

長引くデフレ経済、対策もままならない少子超高齢化社会。

完全なシフトチェンジをしないと立ち行かなくなってしまいます。



この未来から来た女が言っている内容は極めて現実的な日本の未来でしょう。

若者ひとりに二人の老人を支える国家に、少子高齢化の歯止めはききません。



国家を超えた資産形成は、今後は仮想通貨か株です。
今のうちに対策をとっておきましょう!

無料口座開設はコチラ







テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

2019 10-25 Fri 09:08:49
[ 投資の予備知識 ]
訪問ありがとうございます。以下のボタンを押していただき、当ブログの応援を
よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

株式投資をする上で、長年この世界に君臨しているオマハの賢人、

バフェットさんの手法をここにメモしておきましょう。

バフェットさんは、Amazonのジョフ.ペゾスさんとの対話の中で、

No one wants to get rich slow.

人は金持ちになりたい気持ちから目先の利益にとらわれ、本質的な価値な見失いがち。

と、言っています。

単純に本当に価値のあるものを見つけてガチホしないで、

多くの人はいろんな情報に右往左往され、買い替えしてしまう。

投資は感情のコントロールということでしょうか。

バフェットさんの投資対象企業の基準は

ROE 10%以上
PER 15倍以下
PBR 5倍以下
配当利回り 2%以上
自己資本比率 40%以上
時価総額 1000億円以上

2019年の段階でバフェットさんの会社が所有している上位銘柄は

アップル
バンクオブアメリカ
コカコーラ
ウェルズカーゴ
アメリカンエクスプレス
クラフトハインツ
ユーエスバンコープ
JPモルガンチェイス
ムーディーズ
デルタ航空

1番いいのは、バフェットさんの保有銘柄をひたすら持ち続けることでしょう。

株取引を始めるなら!1日の約定代金合計10万円以下の株式取引手数料は無料
  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓


テーマ:投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

2019 10-14 Mon 10:09:02
[ 投資の予備知識 ]
この動画は面白かったので、ここに掲載しておこう。

個人投資家の大半が損する仕組み、心理を紹介しています。

人は確実に利益を得たいと思う半面、損失はできるだけ可能性にかけてチャラにしたい。

また、ギャンブルなどで金銭感覚がマヒする例があるが、金額が大きくなればなるほど

損失に対しても利益に対してもマヒしていく。攻めの投資も大切ではあるが、損失回避の

バイアスに関しても普段から、メタ認知能力を発揮して観察していくことが大切になってくる。





2019 10-07 Mon 11:29:33
[ 投資の予備知識 ]
SBIホールディングスは確実に金融で攻めの姿勢を貫いています。

今年の7月の決算説明会では、デジタルアセットの話をしていますが、

証券の利益幅は大きくは見込めないが、明らかに証券の顧客をデジタルアセットの分野に

移行させたいという動きが働いています。証券事業の傘下にデジタルアセット分野を置く

ことにしています。これができるようになれば、大きなデジタルアセットの動きが見込めると

予想します。

2019 10-05 Sat 13:25:47
[ 投資の予備知識 ]
久しぶりに基礎・基本に立ち戻ってここにメモしておこう。

世界的に有名なベストセラー本「金持ち父さん貧乏父さん」。2001年に私はこの本に

出会い、さまざまな投資に関する基本的な考えを学びました。

シンプルなルールとして、

① お金を働かせろ

② 資産と負債の違いを知れ

③ 仕事とビジネスの違いを知れ

④ 学ぶために働け  経験=投資

見直し学習用に役立った動画をここに載せておこう。

2019 02-08 Fri 10:37:25
[ 投資の予備知識 ]

今回はCFDの基礎知識と魅力、リスクなどを説明したいと思います。

まず、CFDとはContract For Differenceの頭文字をとった略語です。

日本語に訳すと差金決済取引となります。

CFDでは世界の株価指数や個別銘柄、金や原油などの商品や債券まで、

多様な資産クラスをカバーする、場合によっては約1万種類以上もの様々な

投資対象にレバレッジをかけて投資をすることができます。


イギリスではなんと全金融市場のシェア30%を占めるという非常にメジャーな金融商品。

金融先進国のイギリスでこれだけのシェアを占めるということは、

いかに便利で、取引をする人が多いということを容易に想像できます。


CFDの魅力としては次の3つが挙げられます。

1、様々な投資対象にレバレッジをかけた取引が可能になる

株や株価指数、商品、債券など、約1万種類以上にも及ぶ投資対象に

(業者によって取り扱い銘柄が異なります)、少額の資金を元手に、

その数倍~数十倍で投資をすることが可能です。

(2011年のレバレッジ規制後、日本のCFD取り扱い業者では株式は5倍、

株価指数は10倍、商品は20倍、バラエティ(VIX指数等)は5倍、債券は50倍のレバレッジとなっています)。


CFDは差金決済ですので、実物の受け渡しを行わない取引です。

100万円分の取引をする場合、通常なら100万円を用意して、

実物と交換する必要があります。

しかし、CFDの場合は、その何分の1、何十分の1の資金さえ用意すれば取引が

できますので、これまで最低投資金額が高すぎて投資できなかったものにも

少額から投資が出来るようになります。


2、ショート(売り)から始められる

通常の株式取引の場合、株を買うことはできても、最初から売り(いわゆるカラ売り)となると、

プロ投資家専用市場のようなところがあって敷居が高いです。

しかしCFDの場合はいろいろなものに対して、簡単に売り(ショート)から入ることができます。

たとえば、ニューヨークダウが下がると予想したとします。

このとき、現在の価格で「売り(ショート)」を入れるわけです。

結果、予想どおりに下落した場合にそこで決済します。

ここで売りを入れたときと、決済したときの下がり幅が利益となるわけです。

反対に上昇した場合は損失になってしまいます。


3、24時間取引ができる


会社員の場合、日本株を買おうと思っても取引時間は就業時間中であることが多くて

パソコンにつきっきりになっての取引はなかなか難しいと思います。

しかし、世界中にはかならずその時間に開いているマーケットがあります。

たとえば、日本は夜中でもアメリカではお昼ということがあるわけです。

したがって、リアルタイムで取引可能な市場と向き合えるのがCFDの大きな特徴の1つです。

CFDで買い建玉を保有している場合、保有している銘柄に配当があれば

配当相当額を受け取ることができます。当然ながら配当相当額は

取引金額に応じて算出されますので、配当相当額にもレバレッジがかかります。

取引金額は証拠金から比較すると数倍にもなるために、

証拠金から見た配当相当額はかなり高い利回りとなるケースがあります。

なお、売建玉を保有の場合は配当相当額を支払うことになります。

これは個別株だけでなく、株価指数CFDで買い建玉を保有していた場合も一緒で

株価指数の構成銘柄に配当があれば、配当相当額が付与されます

(ただ、ドイツのDAXは配当込みの指数であるため配当相当額が発生しない、

株価指数CFDは配当相当額が発生しますが株価指数先物CFDでは配当相当額は

発生しないなど、一部の例外はありますので、予め取引業者に確認が必要です)。

CFDの取引業者について

2011年のレバレッジ規制後、CFDから撤退する取引業者が増え、

取引業者数自体は以前と比べると少なくなっています。

そして取り扱い銘柄や取引方法、手数料と取引業者によって大きく異なっていますので、

取引業者をきちんと選定した上で決める必要があります。



デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く投資銀行サクソバンクのグループ会社がサクソバンク証券

で同社も5000を超える銘柄の取引が可能です(アドバンスコースの場合)。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
サクソバンク証券
  


      



日本の企業ではGMOクリック証券が比較的取扱銘柄が多い業者となっています。
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
日本225訴求

また、日本株やFXで利用している、馴染みの金融機関でCFDを取引したい方もいると思います。

その場合には「くりっく株365」を検討しましょう。

「くりっく株365」はCFDと同じような仕組みの株価指数を原資産とした証拠金取引で、

東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引です。

ここまでに書いたCFD業者での取引は、厳密には店頭取引であり、

取引可能時間や取引価格は同じ銘柄を扱う場合でも業者によって異なります。

一方、東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引の「くりっく株365」は取引時間が決まっており、

複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、最も投資家に有利な価格を

提供する仕組みとなっています。



2018年10月、[FXのパイオニア] ひまわり証券は「業界最安手数料148円(税込)」に加え、
「FXで人気の自動売買、ループイフダン」にも対応した「くりっく株365」の取り扱いを開始しました!

    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
くりっく株365
     
      

2019 02-03 Sun 22:53:02
[ 投資の予備知識 ]
投資界の王者であり、ブリッジウォーター社の創業者、レイ・ダリオ氏!

世界一お金を稼がせる力を持つ彼が語る成功の原則とは!?



30分で判る 経済の仕組み Ray Dalio が教える

2016 02-10 Wed 21:57:09
[ 投資の予備知識 ]
ここにメモしておこう!

「米ドル/円のバイナリープットオプション」は、判定価格が権利行使価格に対して円高になった場合にペイアウトを受け取る権利です。このケースでは、判定価格が権利行使価格よりも円高となっているため、オプションの買い手はペイアウトを受け取ることできません。

「バイナリーコールオプション」を買った場合、判定時刻に原資産価格が権利行使価格よりも上昇していればペイアウトを受け取ることができます。

米ドル/円が下落すると予測する場合、現在のレートよりも低い水準を権利行使価格とする米ドルプットオプション(米ドルを売る権利)を取得すれば、権利行使期日に米ドル/円が権利行使価格の水準より下落していたとしても、権利行使価格で米ドルを売ることができ、権利行使価格の水準よりも下落するリスクをヘッジ(回避)することができます。
ただし、オプションを取得する場合はオプション料(プレミアム)を支払う必要がありますので、その点を考慮したうえでヘッジを行う必要があります。

日本国内で提供されているバイナリーオプションでは、買付したオプションは判定時刻より前に転売することができる。また、売付したオプションは判定時刻より前に買い戻すことができます。

「インザマネー」とは、オプションの権利行使を行った場合の損益がプラスの状態のことです。コールオプションでは、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態、プットオプションでは、原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態のことをいいます。

「権利行使価格」とは、オプションの権利行使によって原資産を購入または売却する価格のことをいい、バイナリーオプションの場合には、ペイアウトを授受するための条件となる価格のことをいいます。

オプションの買い手は、権利行使期日に権利行使をしなかった場合でも、オプションの売り手に対してオプション料(プレミアム)を支払わなければなりません。一方、オプションの売り手は、買い手からオプション料を受け取る代わりに、権利行使期日に必ず買い手の権利行使に応じなければならない義務を負います。

2016 02-10 Wed 21:49:50
[ 投資の予備知識 ]
ここに基礎知識をメモしておこう!

「オプション」とは、将来の特定の期日に、あらかじめ定めた価格によって原資産(取引の対象となる資産)を買う(または売る)ことができる権利をいう。

「オプション取引」とは、「ある商品を将来の特定期日に、特定の価格で買う権利、または売る権利を売買する取引」のことです。買う権利のことを「コール」、売る権利のことを「プット」といい、特定の期日のことを「権利行使期日」または「満期日」、特定の価格のことを「権利行使価格」といいます。
オプションの買い手は、将来の特定期日(権利行使期日)に必ずその権利を行使しなければならないわけではありません。一方、オプションの売り手は、オプション料(プレミアム)を受け取る代わりに、将来の特定期日(権利行使期日)に必ず買い手の権利行使に応じなければならない義務を負います。

「通貨オプション」では、米ドルを買って円を売るものを「米ドルコール/円プット・オプション」と呼び、米ドルを売って円を買うものを「米ドルプット/円コール・オプション」と呼ぶ。

オプションには「コール」(買う権利)と「プット」(売る権利)とがあります。「通貨オプション」は、通貨を原資産(取引の対象となる資産)とするオプションであり、通貨ペアが米ドル/円の場合には、米ドルを買って円を売るものを、「米ドルコール/円プット・オプション」(略して米ドルコール・オプション)と呼び、米ドルを売って円を買うものを、「米ドルプット/円コール・オプション」(略して米ドルプット・オプション)と呼びます。
また、通貨ペアがユーロ/米ドルの場合には、ユーロを買って米ドルを売るものを、「ユーロコール/米ドルプット・オプション」と呼び、ユーロを売って米ドルを買うものを、「ユーロプット/米ドルコール・オプション」と呼びます。

「バイナリーオプション」は、権利行使期日の原資産(取引の対象となる資産)の価格があらかじめ定めた条件を満たした場合、あらかじめ定めた一定額のペイアウトを受け取ることのできる権利である。

「バイナリーオプション」は、権利行使期日の原資産(取引の対象となる資産)の価格があらかじめ定めた条件を満たした場合、あらかじめ定めた一定額のペイアウトを受け取ることのできる権利です。原資産を売買する権利ではありません。
copyright © 2005 ゼロからヤングリタイヤ挑戦日記!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com