09 << 2017/10 >> 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
FX投資、株式投資、不労所得を分かりやすく紹介・解説
遅読のすすめ
2008 01-05 Sat 01:53:01
[ 未分類 ]
◎速読の弊害◎

 私は過去、速読ができたらどんなにいいだろうかと日本で出版されている
いくつかを試してみたが、ほとんどが疑いの念しか抱かないものであった。
速読というのは、本人の意識しだいで飛ばし読みのようにすれば、いくらで
も速く読めるものだ。自分が速く読めるぞというマインドコントロールを
かければ、2倍は速くなるだろう。しかし、理解度は下がる。

 私は英米の文学をじっくり読むようにしているが、特に小説の類を速読す
るのは、楽しみを半減、もしくはそれ以下にしているのも同じである。
ビジネス書に関しても、じっくりと思考しながら読まないと血にも肉にも
ならないだろう。今の時代はじっくり思考したアイデアが必要だ。単なる
思いつきで成功するほど、ビジネスのライフサイクルは長くない。

 英語の学習にも言えることだが、速読をして分かった気になっているひと
は、多分、深い思考力や深い文章力、洗練された会話力は身につかないだろ
う。速読で月の読書数を増やすより、数冊の本をじっくり読んで、作者の
意図を捉え、自分自身と内面において会話し、自分のビジョンや規律を作る
ほうが、よほど長期的な面で成功を収めると思う。

 多読することはアイデアを発展させるために非常に大事だと思うが、何で
も速く読めればいいというのは、安易な思考だろう。私が今まで出会ってき
たひとでたくさんじっくりと本を読む人はなかなか面白く知識と思考が
うまく複合し、いい味を出しているのが分かる。こういうひとと酒を飲みな
がらいろんな会話を楽しむのみ人生のひとつの醍醐味だ。読書による知識と
教養はこういう優雅な時間を約束してくれる。ゆっくり読んで、じっくり
思考する。私はこのサイクルを大切にしたい。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゼロからヤングリタイヤ挑戦日記!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com