10 << 2017/11 >> 12
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
FX投資、株式投資、不労所得を分かりやすく紹介・解説
ブライアン・トレーシー
2008 02-20 Wed 11:29:06
[ 未分類 ]
☆80対20の法則☆

 私の好きなビジネストレーナーにブライアン・トレーシーがいる。彼は
若いときになぜこの世の中にありあまるほどのお金を稼ぐ人とそうでない人
がいるのかが気になってしかたがなかったと言っている。1日4時間しか
働かなくても年収1億円を越す人もいれば、1日16時間働いても年収が
300万円の人もいる。

 ネットで時間や距離などを関係せずにビジネスが可能になった今の時代は
無駄な生産性のない時間を把握する必要がある。20パーセントの労働時間
で80パーセントの生産性を上げていることを、よく理解して無駄な時間を
省いていくのだ。

 私は前職で営業の仕事をしていたが、アポイントが取れる時間は就業時間
の終了1時間前が多かった。その他の時間は電話を掛けても、留守電か不在
がほとんどだった。だから、その時間はほかの事務作業や情報収集の時間に
当てるようにしていた。

 本当に生産性の高まる時間は全体の20パーセントほどと言うことで、
あとの無駄な贅肉のような時間をいかにそぎ落とし、疲れないようにするか
がこれからのビジネスマンの鍵になってくると思う。営業しかり、事務しか
り、無駄な時間、情報、書類はビジネスにおいて極力なくすべきだ。

 在宅でパソコンを使ってできる仕事があるならば、わざわざ慣例で2時間
かけて会社に行く必要はない。それを上司や同僚に提案し、限りある時間を
有効に使いたい。

 今の自分の仕事の生産性を正確に把握するために、時給換算し、机の前に
貼っておくのもいいだろう。時給が高校生のバイトくらいになっている人が
いたら、自分がいかに贅肉を抱えて生きているかがわかるはずだ。


以下にブライアン・トレーシーの言葉を紹介する。

「いったん目標を決めて紙に書き出したら、朝も昼も夜も、いつもそれにつ
いて考えよう。そして、一つだけ自分に問いかけるのだ。ど
うやって?と。どうやってその目標に到達できる
かだけを考えればよい。達成できるかどうかと悩む必要はもうないのだ」


「勝者は喜びをもたらす結果のことを考える。敗者は喜びをもたらす方法
のことを考える。勝者は目標を達成することをする。敗者は不安を解消す
ることをする。勝者は困難だけど必要な、大切なことをする。反対に敗者
は、愉快でやさしくて、手っ取り早く楽しめるようなことをしたがる。」



「偉大なる聞き手になれ。」
「私達は潜在的な天才だ。私達が解決できない問題はない。どこを探して
も見つからない答えなどもないのだ。」

「敗者は“不安が解消される”ことをし、勝者は“目標が達成されることをする。」

「あなたの目標の唯一の障害は、あなた自身の心の中にある壁である。 」
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゼロからヤングリタイヤ挑戦日記!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com