09 << 2017/10 >> 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
FX投資、株式投資、不労所得を分かりやすく紹介・解説
2012 08-30 Thu 23:12:31
[ 未分類 ]
 ジムロジャーズ氏は、2013年の大不況を予測し、そしてその年を乗り切っても

2019年ごろにまた、大不況がくると予測しています。

今、持っていた株を大量に売り払い、ニューヨークからシンガポールに移住

しています。そして、今から10年以上は、金を手放さずにいるつもりです。

日本の銀座にわざわざ金でできた骨董品を数千万単位で買い物するということは

ますます金の価値が上がると見ている証拠です。

 また、自分の娘には、中国語を学ばせています。世界の中心が中国になること

も予測しています。尖閣問題で揺れる中国ですが、着実にこの国は実物資産を

増やし、中国共産党は武力ではなく、政策で領土を広げようとしています。

そして、GDPの合計が日本を抜いても、実質の所得は日本人平均の10分の1程度。

労働力と消費力は半端ではありません。中国が21世紀の覇権国家になることは

時間の問題でしょう。アメリカはもはや、ドルを無作為に刷る堕落国家です。世界の

覇権を軍事力のみで維持するだけの経済力がないでしょう。

 米中の衝突は避けられず、その覇権は中国に移ります。その動乱期に、国の信用を

示す紙幣よりも金が充分な価値を持ってきます。もともとは、金の量に対して国が紙幣

を発行するという決まりが、プラザ合意以降から完全に破棄されたわけです。紙幣に

対する信用など本当は、これっぽちもないわけです。ドルは紙屑です。

 今後10年、紙幣よりも金が価値を増大させることは、確実なことと考えていいでしょう。



 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゼロからヤングリタイヤ挑戦日記!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com