07 << 2017/08 >> 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
FX投資、株式投資、不労所得を分かりやすく紹介・解説
2013 02-07 Thu 01:35:51
[ 未分類 ]
 株価が軒並み上昇しています。日銀の白川総裁も辞めさせられ、ひとまずインフレに

向かうことは間違えないでしょう。インフレとは、おカネの価値が下がり、物価が上昇

することですから、金融緩和と相まって、経済は過熱気味に傾くのではないでしょうか。

しかし、これは、おそらく予定されていたシナリオで、日本政府は日銀に国債を買って

もらい、日銀にお金を大量に刷ってもらい、国際金融資本やハゲタカファンドにばらまく

わけです。ハイパーインフレによって財政赤字を消し去る算段と見てとれます。

国民の資産は、その結果、目減りします。ハイパーインフレになれば老後の蓄えなど

軽く吹っ飛びます。国民のほとんどが貧乏になり、外国人投資家がごっそり富を奪う

構図が見えてきます。

 今、安倍首相がやろうとしていることは、かつての自民党がやった公共事業による

ばらまきの拡大版です。2011年の巨大人工地震が手助けしてか、世論はこの公共事業に

対して、批判を集中させることはないでしょう。結果的に、民主党のお粗末さが、不正選挙

を実現化してしまい、元の木阿弥となったわけです。これで、リーマンショック以前の日経

平均株価1万8000円台までは、上昇すると思います。特に金融関連株や建設株は、その享受

を受けると予想できます。

 しょうこりもなく自由主義の急先鋒の竹中平蔵がアベノミクスを語っていますが、この

タヌキ野郎が、アベノミクスの仕掛け人の一人ですから手におえない。日本国民の大半に

自由を与えるが、それは貧乏をともなった自由となるわけです。外資のファンドは、

アベノミクスで、日本国債が暴落すると見て、空売りを狙っています。その可能性は、

極めて高いところにきていると想像するに難くありません。日本円および日本国債で貯蓄

するだけしか方法がない人がついにバカを見る日がくるのでしょうか。


  【世界がニッポンを買う?アベノミクス徹底解剖!】





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゼロからヤングリタイヤ挑戦日記!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com