FC2ブログ
2016/04/06

「FXを外貨預金として運用する」という考え

FXは、外貨の売り買いによって得られる差益を狙う投資商品ですが、一番の特徴は、
取引会社に預け入れた証拠金(保証金)を『レバレッジ(leverage)』を効かせて、
数倍~数十倍(最大25倍)の取引が出来ることです。

投資家の皆さんは、ある程度のリスクがあると承知で、この”レバレッジの魅力”に
ひかれて外為取引(FX)を始められる方も多いようです。
しかし、『レバレッジを1倍』とした場合はどうなるでしょう?

預けたお金に対する為替変動がリスクとなり、外貨預金することと同じになるということです。

つまり、『FXを外貨預金代わりに利用する=レバレッジを1倍で運用する』
という、リスクを最小限に抑えたFXへの投資方法がこれになります。

そうした場合は、取引期間が中・長期の運用になりますので、
できるだけ『スワップ金利』を多くもらえる通貨ペアで取引するというのが良い方法です。


中・長期の運用にお勧めのFX業者

SBI FXTRADE

青色03銭静止画

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント