10 << 2017/11 >> 12
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
FX投資、株式投資、不労所得を分かりやすく紹介・解説
2016 06-01 Wed 23:22:43
[ 未分類 ]
アメリカという社会は「成功するまで成れ」ということわざがある。

今が、重要ではなく、成功者のようにふるまえばそう成る。という感じ。

そんな中、本当かどうかは、今は昔なのでわからないが、

アメリカ成功哲学の元祖 ナポレオン・ヒルの生涯年表がすごすぎる。

【ナポレオン・ヒルの人生】
    
1883年  0歳 

ヴァージニア州ワイズ郡に生まれる 10月26日
オリバー・ナポレオン・ヒル 弟 ヴィヴィアン・ヒル
サラ&ジェームズヒル夫妻   
ジェームズ・モンロー・ヒル
1840年代イギリスから兄弟で移民 印刷業の6人兄弟
ワイズ郡初の「そよ風」新聞発行
鍛冶屋兼農夫
郵便局長 リップス郵便局
歯科医師 誰もやっていない訪問検診後に2000ページにまとめる
サラ・シルベニアー・ブレアー 
ケンタッキー州との州境 ブルー・リッジ山脈

1892年  9歳 
母と死別

1893年 10歳 
継母 マーサ・ラミー・バナーが来る 学校校長の未亡人
ヴァージニア州コバーンにある医者の娘
アメリカ恐慌  
   
1895年 12歳
拳銃の変わりにタイプを与えた
弟ポール誕生

1896年 13歳 
最初の労働賃金 石炭の採掘 1ドル
グレートヴィルの木造住宅へひっこし 貧困からの脱出

1898年 15歳 
フリーランスの記者
子供つくったとして結婚をせまられる 
2年生のハイスクールに進学

1900年 17歳 
ヴァージニア州テーズウェル ビジネススクール1年制入学

1901年 18歳 
ルーフェス・エアーズ(弁護士)の下で働く決意 
リッチランド炭鉱のチーフクラークとなる
エアーズの弁護士の仕事に魅力を感じる

1902年 19歳 
事件を解決したヒル 19歳で最年少マネージャーとなる           
弟がジョージタウンに行く決心
父が40歳でケンタッキー州ルイビルの専門学校に入学
自分もジョージタウン法科大学
ロバート・L・テイラー ヴァージニア州知事もしていた
二人分の学費をまかなう

1903年 20歳 
ロースクールドロップアウト
材木会社の販売マネジャーとなる

1905年 22歳
共同経営者に抜擢

1907年 24歳 
株価暴落 24歳前にすべて失う 

1908年 25歳 
ボブ・テイラーズ・マガジン ワシントンDCへ
成功者へのインタビューを提案
ニューヨークヘ カーネギーインタビュー
4階建て64部屋の豪邸マンハッタン北端
「論理的に考えることができない人間は愚か者である
 論理的に考える気が無い人間は偏屈者である
 論理的に考えることを恐れる人間は奴隷である」
「人間が神に対して行うことのできる最高の奉仕とは
 他人を助けることである」

1909年 26歳 
ウェスト・バージニア州ランバーポート出身の
フローレンス・エリザベス・ホーナーとワシントンで出会う 
20歳 ハイスクール
ワシントンタイムスに広告
ホーナー家 実業家

1910年 27歳 
6月23日結婚
11月 ランバーポートを訪ねる どしゃぶり
鉄道引きに成功 アンドリューカーネギージュニアといわれた

1911年 28歳 
代一子 ジェームズ誕生 
ヘンリーフォードに会う t型を買ってワシントンに帰ってきた
自動車販売会社に就職
ワシントン自動車大学 教育部門設立 失敗
お金をフローレンスから借りる
ランバーポートへ引越し ガス・カンパニーの主任弁護士アシスタントに

1912年 29歳 ブレアー誕生
          
1913年 30歳 家族を残して冒険へ 
シカゴ ラサール・イクステンション大学の広報部長 
セールス・成功法を教える

1914年 31歳 
「ベチイ・ロス・キャンディーカンパニー」設立 
ベチィはフローレンスのミドルネーム

1915年 32歳 
ふたりに裏切られる 訴える 5年間の訴訟
フローレンスにお金を借りて
ジョージ・ワシントン・インスティチュート設立
販売員向け通信講座

1917年 34歳 
第一時大戦中 ウッドロー・ウィルスン大統領の広報補佐
プリンストン大学の学長時代に取材 手紙を書き 無給で

1918年 35歳
徴兵で生徒がいなくなる 

10月26日誕生日 デービッド 3人目の子
一時的に帰郷 7歳と6歳
 弟 ヴィヴィアン ヨーロッパに従軍 帰国後 ワシントンで弁護士 
 生涯独身 ポール(3男)外科医 独身
11月11日 ヒルズマガジンを思いつく ウィリアムズに相談印刷

1919年 36歳 
カーネギーの死(3億5千万ドルの寄付 今の20億ドル)
1月創刊
フローレンスとハネムーン
このころ アイオア州ダヴェンポート 謝礼金100ドル断る
後に6千ドル超える 購読
パーカー・ペンでの講演
12月号 1周年
カーネギーとフレックに中傷記事 

1920年 37歳 
全州を講演して回る 絶頂
しかし副編集長 ガイ・ビルスランド辞める
10月号から発行者は ジョージ・ウィリアムズだけに
ビジネス・マネジャーのトム・イゴーの背信行為 
シカゴで「ヒルズ・ゴールデン・ルール・マガジン」版権でもめる
ヒルシカゴを去る 後の11年 ゴールデン・ルールマガジンとし
て発行を続けた
一ヶ月活動不能 ウィリアムズから2万5千ドルの小切手 断る
クレジットをはずされた10月号をみて火がつく 

1921年 38歳 
ニューヨークで4月「ナポレオン・ヒルズ・マガジン」発行
10万部 12月31日までに達成と記す 創刊年に利益をだした
副編集長 ステファン・オースティン・ウエアー 親友
          
講演タイトル「成功への魔法の階段」「虹の果て」
「サイエンス オブ サクセス」通信販売開始

1922年 39歳
 囚人 バトラー・ストークの釈放キャンペーン
8月釈放  イントラ・ウォーム・ホーム・スタディ事業スタート
ふたりの人選ミス
ヒックスの逆恨みがエスカレート ヒル・パブリッシング・トラスト訴えられる。
再びすべてを失い シカゴに戻る 火事で大事な取材記録を失う 
 
1923年 40歳 
クリーブランドでメトロポリタン・ビジネス・カレッジをレンタル経営

1924年 41歳 
再び講演活動
ウェスト・ヴァージニア州セーラム大学 卒業式で
ジェニングス・ランドルフ(後にルーズベルトの大親友)に合う
           
1925年 42歳 
夫婦に危機的状況

1926年 43歳 
「ザ・サイエンス・オブ・パーソナル・アチーブメント」
カントンで講演 ドン・メレットに出会う
プログラム開発USスチール ギャリー会長と折り合い
メレットギャングに暗殺 ギャリー病死 頓挫
誕生日も隠れて過ごす 

1927年 44歳 
1年間 ウェストヴァージニア州の山奥で隠れる どん底
秋 学校の校舎をぐるぐるまわって考えた 回想した
20年がせまっていた
衝撃的な賭け フィラデルフィアへ
フローレンスから荷物を送ってもらう 2週間
売り込み開始 1500ページ 2万5千ドルの費用
夢の中で突然 アンドリュー・ぺルトンの名が浮かぶ
暮れからリライトスタート
 
1928年 45歳 
3月26日 終了
1冊目「ロウ・オブ・サクセス」完成16セッション
4ドル×8冊 1ヶ月の生活費
事業の成功 月額2500ドルとなる
          
1929年 46歳 
夏 ニューヨーク キャッスルマウンテンに豪邸
世界で最初の大学規模の成功の学校をつくる 
成功のコロニー
誕生日から3日後 世界恐慌

1930年 47歳 
2冊目「マジック ラダー トゥ サクセス」
10月には生活が破綻

1931年 48歳 
3月「インスピレーションマガジン創刊」
インターナショナルサクセスソサヤティー
質問は自分で捏造 2号で廃刊
4月 ワシントンDCへ
インターナショナル・パブリッシング・コーポレーション設立
「メンタルダイナマイト」後援スタート
インターナショナル・サクセスユニバーシティー設立
「サクセスマガジン発行」

1933年 50歳 
32代大統領 フランクリン・ルーズベルト就任 
補佐官として3年仕える「恐怖以外恐れるものはなにもない」

1935年 52歳 離婚
1937年 54歳 
ローザ・リー・ビーランド29歳と出会う
結婚 ブレアと住む ブレア ヴェラと離婚 再婚せず
補佐官を終え、3冊目「シンク・アンド・グロー・リッチ」
クレメント・ストーン 販売カウンセラーモリス・ピッカスから本を紹介される

1939年 56歳 
フロリダ マウントドーラ城購入  経済 破綻 離婚

1940年 57歳 
クリスマス一人で

1941年 58歳
 新たなスタート サウスカロライナ クリントンへ
ウィリアム・プラマー・ジェーコブズ博士に呼ばれる
長老派教会大学
秘書のアニー・ルー・ノーマンに出会う 47歳
7人兄弟の2番目  
18歳でフェルディナンド・ジェーコブズの秘書になる 
離婚した一番下の妹レイラ・ジョンソン 
と4歳の息子 チャールズ・ジョンスンと住んでいた
ヒルの講義を受け 通信教育で会計の学位をとり、
息子を医者にした。
12月真珠湾攻撃 アメリカ参戦   
 「メンタルダイナマイト」「アメリカ達成哲学」頓挫 
RGルトルノーに雇われる トコア工場の労使協調

1943年 60歳 
トコアで仕事の終焉  アニーとの結婚を決める
クリスマス前夜 レイラのアパートで
カリフォルニアで新婚生活
パシフィック・インターナショナル大学から名誉文学博士号を受ける  

1945年 62歳 
4冊目「マスター キー トゥー リッチーズ」

1947年 64歳 
ロサンゼルスKFWB放送「ナポレオン・ヒル」ラジオ 3年間

1949年 66歳 
65歳の誕生日が近づくと引退を決意

1951年 68歳 67歳 クレムと出会う 
定年声明を書く
シカゴの歯科医 ハーブ・ギュフタフソン博士
シカゴ郊外 ノース・ショア・キワニス・クラブ

1952年 69歳 
8月「ナポレオン・ヒル・アソシエーツ」設立
マイケル・リット コンバインド・インシュランス・カンパニー・
オブ・アメリカ 視聴覚サービス責任者 後の副社長
映画「ニュー サウンド イン パリス」

1953年 70歳 
「ザ・サイエンス・オブ・サクセス」(PMAプログラム完成17)
6巻シリーズ 後にPMAがつく
6月 5冊目「ハウ・トゥー・ライズ・ユア・オウン・サラリー」
アール・ナイチンゲール ラジオで宣伝
市民リーダー ビル・ロビンソン 「クラブ・サクセス・アンリ ミテッド」結成 
のちのロータリークラブ
HSS用13講義ビデオ収録開始
専任講師を供給するためのマスターコース創設

1954年 71歳
 「サクセス・アンリミテッド」(サクセス)紙創刊

1956年 73歳
 「PMA サイエンスオブサクセスと変更 家庭学習講座に集中
ナイチンゲール・オーラロバーツ・デールカーネギー・ピール協力 
ストーンと学校で
サウスカロライナ州グリーンビルへ引っ越し

1957年 74歳 
ウェスト・ヴァージニア州セーラム大学から名誉文学博士の称号
6冊目共著「PMA」

1959年 76歳 
プエルトリコへ講演

1960年 77歳 
オーストラリア、ニュージーへ講演

1961年 78歳 
フランチャイズ化を計画
握手で解散

第九章(1962~1994)
1962年 79歳 
8月「ナポレオン・ヒル財団」創設
アニー・ルー 弁護士の3名で
 「アンドリュー・カーネギーの後ろ盾による、
 ナポレオン・ヒル博士の生涯をかけた研究、
 著作、教義を永遠のものとすること」
サウスカロライナ州コロンビアの小さな事務所 
①刑務所リハビリプログラム ②国際的な指導者の養成学校
③個人起業家を訓練してライセンスを与えるフランチャイズ

1964年     
評議会で弁護士が抜ける
 財団からナポレオン・ヒル・アカデミーの権利を買い取る
 評議会を5名にする
 目的を明確化する
 刑務所・少年倶楽部・精神医療機関へ集中

1964年 81歳 
10月 まだ自分で自動車運転
アニー・ルーの姉妹 レイラ ベン・ハッチャーと結婚
サウスカロライナ州 ガフニーへ お墓の話 
ベン・ハッチャーの墓地に区画を買う 
フレデリック 公園墓地シカゴでクレムを表彰 
カーネギー・エジソンの次 3位   
「W・クレメント・ストーン閣下は、
サイエンス オブ パースナル アチーブメントの著者、
ナポレオン・ヒル博士によって、17の原則の実践において
3番目に傑出した人物に選ばれたことをお知らせします。
1番目の認定はカーネギーに、2番目はエジソンに、
3番目は前述の個人に与えられました。
彼には偉大な能力と忍耐、不屈の精神、
勇気があって、人が心に抱き、信じることができるものはすべて、
達成することができるという真実の生き証人になりました」  

81歳にしてまだ25年の計画を立てた

1965年     
財団「Success World」誌で有名になる 
         
1966年     
非営利団体の地位を内国税収入庁から得る 

1967年 84歳 
7冊目「グロウ・リッチ・ウィズ・ピース・オブ・マインド」
白内障を施術 
 
1968年     
アニー・ルー評議会から辞任 出席していない

1969年 86歳 
脳出血
最大の願望 アニー・ルーが財務面で保証されること 
ナポレオン・ヒル財団によって彼のライフワークを永続させること

1970年 87歳 
8冊目「サクセス・アンド・グロウリッチ・スルー・パースウェージョン」
9冊目「ユー・キャン・ワーク・ユア・オウン・ミラクル」
11月8日 サウスカロライナ州グリーンビルで死去 87歳
           
弔辞 オクラホマ州ツルサのビジネスマン リー・ブラクストン  




1977年     
アニー・ルーがクレメントストーンに手紙
弁護団派遣 200万ドル以上を費やす

1982年     
法廷外の調停で解決
ヒルの著作権はアニーにもどる 財団の理事と評議員は引退し、
アニーの管理に  
88歳に近い 
財団の再生 新評議員5名
ウェストバージニア州上院議員 ジェニングス・ラドルフ
チャールズ・M・ジョンスン医学博士 レイラの息子 ルーの甥
ヒルが医学部の資金を援助
マイケル・リット・ジュニア コンバインド保険会社副社長
ホレース・フレミング ストーム・サーモンド研究所 
1年間クレムが援助 

1983年     
第1回ゴールドメダル

1986年まで   4回 

1987年    
 財務面で自己充足達成

と、まさに波乱万丈。スケールが大きい。

上記の内容が嘘かまことかは調べつくすことは

できませんが、「成功哲学」を実践しただけあって、

多くの人に影響を及ぼしたのは確か。

せっかくの人生ですから、

思いっきり人生を生きたいものです。

失敗を失敗と思わず、前進することが

人生の秘訣なのかもしれない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゼロからヤングリタイヤ挑戦日記!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com