09 << 2017/10 >> 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
FX投資、株式投資、不労所得を分かりやすく紹介・解説
2006 11-15 Wed 22:47:49
[ 未分類 ]
 ★アパート・マンション経営に興味を!★


 あなたが結婚していて子供がいて、勤めている会社が上場企業だった
のにもかかわらず倒産してしまったらどうするだろうか?また、急に
リストラの憂き目にあったりしたらどうするだろうか?
今の時代は急な変化がある時代で、自分はそんなことはありえないと
思っているひとほど要注意だ。

 私はロバート・キヨサキとロバート・アレンの本を読んでから真剣
に不動産(アパート・マンション経営)に興味を持つようになった。
当然、取得の計画も立てていて、その基礎知識の吸収には英語習得の
時間と同等に費やしている。

 私がリサイクル・ショップで店長を山梨県でしていた時、その物件の
家賃は130万円くらいしていた。たまに顔を出しては、駐車場のゴミ
を片付けろとうるさい家主に支払われていた。その家主はまだ40代に
なるかならないかで、ほかに何もしていないみたいだった。しかし、
月130万円、年間1560万円が彼のふところに一度入っているのか
と思うと、自分が1日14時間働いて、時給に換算するとアルバイト以下
である自分に苛立ちを感じていた。

 あの家主にはもともと土地があったから、あんな悠長にやっていられる
のだと当時はあきらめていたが、その後、知識を身につけていくことに
よって、少しずつ可能性が見えてきた。

無一文からの復活劇!特進アフィリエイトで喜びの声が爆発しています


収入UPのお得な情報無料お届け


メルマガコンサルタントの平野友朗のメルマガ講座



 ★多くの人に見えないもの★

 多くの人はお金は時間給で得られるものだと思っている。私も大学卒業
から2,3年は時間の対価イコールお金だと思っていた。しかし、この
考えは間違ってもいないし、合ってもいないことに気づいた。

 正確に言うと、時間の対価イコールお金だと思っている人はそのような
方法でしかお金を得られず、それ以外の方法、たとえばビジネスの
システムがお金、不動産をレンタルすることでお金を得るという方法も
ある。だから、お金の得方はさまざまにあるということを見ないと
いけない。

 もちろん、泥棒や粉飾、横領などの法律を犯してお金持ちになっている
ひとは論外だ。

 投資用物件を人に貸して、8万円の家賃で経費などを差し引いて毎月
4万円のプラスのキャッシュフローが出る目を持っていて、
その投資用物件が10戸あったらどうだろう。月に40万円の収入を
得ることができる。

 不動産の知識を身につけてリスクを最小にする努力をしていけば
考えられない数字ではないと思う。

 投資用物件を買うお金がもともとないという人は、ロバート・キヨサキ
の本を10回読んでほしい。最初からお金があって不動産を増やす人
など、ほとんどいないからだ。お金は信用によって借りて還していくことが
できれば、必ず集まるものだと分かるはずだ。

 100万借りたら、105万期限内に還す。そうやって信用を作れば
1000万の融資が可能になる。経済とはそうやって成り立っているもの
だと肝に銘じて、新しいお金に関する観点を持つことが大切だ。


新しいお金の流れを作ろう!!
 
 ⇒





スポンサーサイト

テーマ:■■■起業したい・お金儲けしたい方!集まれ!■■ - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
おれも勉強しよー
いつも読ませていただいてます。
最近、投資と不動産の本買って勉強しています。
やっぱり知識の蓄積って大事。
URL | ふじお #zVpgn9mk[ 編集 ]
2006/11/15 (水) 23:01:42
勉強になります

時々、拝見しています。
勉強は、生きている以上、ずっと続けなければならないですね。
少なくとも、人より余裕のある人生(金銭的・精神的な部分を問わず)を送ろうと思ったら・・・。
最近、勉強をしない・何も学ぼうとしない馬鹿な人は、決して幸せになれないと、つくづく感じております。
URL | ドラえもん #-[ 編集 ]
2006/11/15 (水) 23:46:40
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゼロからヤングリタイヤ挑戦日記!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com