04 << 2017/05 >> 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
FX投資、株式投資、不労所得を分かりやすく紹介・解説
2016 10-01 Sat 15:39:22
[ ★痛快!株式投資術★ ]
テンバガー投資のウルフ村田さん、うねり取りの相場師朗さん
このトークセッションは大変勉強になりました。
この動画の中で私がメモした部分を紹介します。

うねり取りの武器として、移動平均線を使うのですが、
5日、20日、60日、100日、300日移動平均線を利用する。
基本ラインとして、300日移動平均線より下で株価が動いて
いるときは、弱いので下がり圧力は強い。
300日移動平均線を下回ってしまうと、3か月から6か月は
下落する。

「ローソク足が5日移動平均線の下で陰線」かつ
「300日移動平均線の下に株価がある場合は(売り)」
逆に
「5日移動平均線が20日移動平均線を超え、陽線になったら(買い)」
「今まで超えられなかった60日移動平均線を超えたら(買い)」
「株価の上昇期間は3カ月が目安(多くの人は3か月くらいで売りたい)

どのような銘柄が適しているか?
出来高が1日100万株以上の銘柄
売り買いができる銘柄 ※買いしかできない銘柄がある。
日経225、JPX400採用銘柄などがよい。

最低運用資金は?
信用取引ができるためには、最低30万円が必要。
うねり取りの売りをするためには、上記の条件は必要。
買いだけで取る場合は、数万円からでも可能。
30万円のレバレッジ3倍を利かすことができるため、最大90万円の
取引額が可能になるが、そのうちの60万円を使い、
売買するのが、初心者には適している。
半分を売り、半分を買いで使うイメージ。

いつ売り買いするのがよいか?
朝9:00か昼14:30。多くの人が兼業トレーダーなので、
朝の5分程度が望ましい。

相場さんは、「株は技術」とおっしゃっています。
そして、失敗して練習してこそ、うまくなると言ってくれています。
非常にうれしい勇気の出る言葉ですね。

ウルフ村田×相場師朗 トークセッションはコチラ
 ↓   ↓   ↓


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゼロからヤングリタイヤ挑戦日記!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com