FC2ブログ
2016/10/05

未来の超優良 米国企業は?

人間がロボットのようになり、ロボットが人間のようになる。
これが現実化してきています。
私もそうですが、今やスマホやパソコンはその過剰な便利さ故に
手放せない存在になりました。

そして、この端末は便利な機能を搭載し、小型化が可能になってきています。
脳内にマイクロチップを埋め込むことにより、恐怖や快楽をコントロール
できるレベルまできているようです。
これは脅かすわけでも何でもありません。

2016年という社会はすでに20世紀の人たちから考えたら
完全なSF映画になってしまったということです。
現に、今ハリウッドがSF映画を出したとしても、現実のほうが
はるかにSFを凌駕してきているので、観る気が起きません。

音声認識AI「Siri」から改良された次世代音声認識AI「ViV」がついに登場。
「ViV」はバーチャルとバーチャルをつなぐIRIS(女神イリス)
を指すと言われています。個人の検索データからその人の趣向、そして行動を
予測し、いづれは行動最適化を促してくれると思います。
行動最適化とは、たとえば、どこか目的地に早くストレスなく到着したいと
思うときに「ViV」にアクセスすれば、最適な道順をビッグデータから
出してくれ、それをどうすることが一番最適化を導いてくれるということ。

世界のビッグデータにアクセスすれば、そしてAIが一番良質と判断したもの
を行動マニュアル化してくれれば、人間にとっては天国に近い状態になります。
何せ、AIが考え、すべて最良な可能性を選択肢として提示してくれるのだから。

優れた占い師よりも可能性の高い未来予測をビッグデータがしてくれる。
そうするとこのビッグデータやAIを握っている会社は押さえておくべきです。
「ViV」開発のディープマインド社は今やグーグルの傘下にある。
つまりグーグルは、今後の目玉企業です。
5年後、10年後、20年後さらにとてつもない企業になるでしょう。

現在のグーグルの株価は?
  ↓  ↓  ↓
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/detail/GOOG

2016年から仕込むか、仕込まないかは個人のご判断で。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント