09 << 2017/10 >> 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
FX投資、株式投資、不労所得を分かりやすく紹介・解説
アメリカのテレビ番組
2006 12-25 Mon 02:35:33
[ 未分類 ]
 ★何を見るかは自由だが・・★




スキマ・アフィリエイト




 アメリカのテレビ番組はチャンネル数がかなり多い。そしてこの国は
国土がかなり広いので、国民全体で共通した話題を持つのは難しいように
思える。特にロスは移民が多く、まさしく人種のるつぼでテレビ番組も
スペイン語、韓国語、中国語、日本語などの放送がある。

 日本だと何かが流行れば一気に広まるが、アメリカはそれを感じること
ができない。だから、これは日本では有名だから絶対知っているだろうと
思ってたずねてみても、誰だそいつって逆にたずねられることがある。
だから、日本で有名だからすごい人なんだって思っている人もアメリカ
では、その人物がまったく興味の対象になっていない場合がある。

 先日、教育系のテレビ番組を見ていたら、ロバート・キヨサキが出て
いた。5年前よりスリムになっていて、話の内容も話し方もソフトに
なっていた。彼のセミナーの一部を1時間ほど、ただで見ることができ
少し得した気分だった。


 この教育系のテレビ番組は、プログラム(セミナーをDVD化したもの)
のCMがメインで、テレフォン・ショッピングみたいになっている。
ほかにもデヴィッド・バラックやロバート・アレンなどのお金の教育の
ものや、健康に関するもの、ジャーナリズム、児童虐待防止などの方法
を紹介している。私がこっちに来て関心したのは、こういう分野の向上
に対しての関心がアメリカは高いということだ。


 日本はハード部分の発展がすばらしいが、こういったソフトへの関心が
社会的に低く、どうしようもない状態になってから動くようなケースが
多い。金銭教育、健康、子供の教育、教養の充実を図ることは、おとなに
なってこそすべきことだろう。まだまだ、大学卒業したら教養を深めなく
ていいという風潮があるのは、少し悲しい。

 日本のテレビ番組は娯楽としてすばらしいところがある。しかし、
アメリカと比較すると、少々精神年齢の低いひと向けに作っているように
も思える。何を見るかは個人の自由だが、もし日本のテレビ番組に少し
飽きてきているなら、世界のテレビ番組を見れるようにして
ぜひ比較してみるといいだろう。

 BBSやCNNなどを生で見ると、もいうちょっと勉強して世界を知ろう
という意識の高まりを味わえるようになるだろう。
私はこっちにきてもっと勉強したいという衝動にかられている。
スポンサーサイト

テーマ:あなたの人生を変えてみませんか? - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゼロからヤングリタイヤ挑戦日記!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com