06 << 2017/07 >> 08
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
FX投資、株式投資、不労所得を分かりやすく紹介・解説
2006 12-27 Wed 01:41:44
[ ★副業ドットコム★ ]
★人生の質はコミュニケーションの質★


 アメリカは自由を容認する国家と言われているが、その分責任というのが
重い。自分が困ったときや助けてほしいときに、しっかりと助けを求める
素直な自分が必要だ。日本では、我慢や忍耐などの言葉が美徳とされている
がアメリカは、それよりも自分が何をしたいのか、まわりにどう接して
ほしいのかをコミュニケーションを通して伝えていく必要がある。
我慢や忍耐よりも、自分が得たい環境を他人に伝え獲得していくことが
本当は大事なんだと認識させられる。

 自分を素直に表現し、他人と信頼関係を作り上げていく作業こそ人生に
おいてもっとも重要な要素だと思う。お金持ちであろうと貧乏人であろうと
コミュニケーションの質が悪ければ、他人との信頼関係はできずに
孤独と嫌悪感につつまれた日々を送ることになる。

 相手に対して純粋に興味を持ち、自分が思っていること、今日体験した
ことを積極的に話し、言葉のキャッチボールをしていく。
やはりこの
積み重ねが揺ぎ無い信頼、絆へと変わっていくのだろう。


 IT企業の社長が側近にあいそつかされるのも、このコミュニケーション
の質をお金以上に大事にしなかったからかもしれない。よくワンマン社長
が経営が悪くなったときに、社員がみんな去っていくなんてことがあるが
コミュニケーションは空気みたいなもので、人間が生きていく上で
欠かせないものだ。

 ★コミュニケーションの種類★


 私はこのコミュニケーションについての本をいくつか読んできた。
今回はその中で私がおすすめしたいものを紹介する。

 コミュニケーションの質のついてやはり多く語っているのはアンソニー・
ロビンズ(Anthony Robbins)である。彼の会社はアメリカのサンディエゴ
にあり、現在はセミナー中心に世界中を飛びまわっている。彼の著書は
日本語訳されているのもあるが、英語を少しできるひとなら原書で読むこと
をおすすめしたい。


 
一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える 一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える
アンソニー ロビンズ (2006/11)
三笠書房

この商品の詳細を見る
Unlimited Power: The New Science of Personal Achievement Unlimited Power: The New Science of Personal Achievement
Anthony Robbins、Joseph McClendon 他 (1997/12/22)
Free Pr

この商品の詳細を見る


 また、男女関係のコミュニケーションを研究されている第一人者の
ジョン・グレイもおすすめだ。男性と女性がここまで考えていることや
コミュニケーションのとり方が違うんだなと理解することができる。
男女間の問題がすべて解決するとは言わないが読んでおいたほうが、
コミュニケーションはうまくいくと思う。

ベストフレンドベストカップル ベストフレンドベストカップル
ジョン グレイ (2002/03)
三笠書房

この商品の詳細を見る



 私は大学時代、英米文学が専攻だった。そのときは役に立つのかどうか
わからなかったけれど、人間関係の重要性を再認識するようになって
あらためて歴史的に名のある文学作品の人間ドラマが役に立ってきている
と思うときがある。

大学4年のときの卒業論文にオスカー・ワイルドを選んだ。彼の人間観察
のすばらしさは特筆に価する。世界が認めた作家だけあって読み応えがあり
コミュニケーションとは、言葉や表情、体の動きすべてであることを
考えさせてくれる。

ドリアン・グレイの肖像 ドリアン・グレイの肖像
オスカー ワイルド (1962/04)
新潮社

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アーノルドさん、こんにちは。
紹介していただいた本、今度買って読んでみようと
思います。お金も大事ですけど、コミュニケーション
ってもっと大事かもしれませんね。
URL | ともすけ #zVpgn9mk[ 編集 ]
2006/12/27 (水) 14:15:13
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゼロからヤングリタイヤ挑戦日記!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com