FC2ブログ
2019/01/13

モナーコインとは

Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、

Mr.Watanabe(わたなべ、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発されている日本初の暗号通貨です。

通貨単位表記は「MONA」。

Litecoinなどの採掘プール「2chpool」を運営していたわたなべが、2013年12月23日にβ版をリリースするが、

すぐにリセットを決定。12月30日に新Monacoinの公式アナウンスを行い、

2014年1月1日0時0分(UTC)に正式リリースされた。

ウォレット(財布)と呼ばれるクライアントプログラムを実行し、Monacoinネットワークに参加する。

P2P通信なので管理者は存在しません。

Litecoinをベースにしていて、ブロックアルゴリズムはLyra2REv2(450,000ブロック以前はScrypt)。

1ブロックにつき50 MONAのBlock Reward(採掘者に対する報酬)が与えられ、

ブロックが生成される時間は平均90秒。発行量の上限は1億512万MONAです。

Premine(開発者による事前採掘)はありません。

当初のdifficulty再設定間隔は2,400ブロックごとだったが、

2014年3月10日の公式クライアントのアップデート[5]で80,000ブロック以降のDifficulty retarget(difficultyを

再設定する算出方法)に「KGW」が採用され、間隔が1ブロックごとに仕様変更された。

2014年3月18日、80,000ブロックに達した。その後、KGWの致命的な欠陥が指摘されるようになり、

Monacoinも2014年5月2日のアップデートで140,000ブロック以降のDifficulty retargetを「DigiShield」

に変更することになった。

2014年5月19日、140,000ブロックに達した。2015年9月のアップデートで450,000ブロック以降の

Difficulty retargetを「Dark Gravity Wave v3」に変更することになった。

2017年3月8日にsegwitの対応のシグナリング開始、4月16日75%以上のブロックでの賛成票を以って

Locked_inされた。4月27日、977759ブロック到達によりsegwitは無事Activateされた。

十分な期間を要してのsegwitのActivateは世界初である。

名前の由来となったのは2ちゃんねる発祥のアスキーアート「モナー」である。

   モナコインのホームページはコチラ
       ↓   ↓   ↓
      https://monacoin.org/
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント