FC2ブログ
2019/01/19

おすすめ!AI搭載ロボアドバイザーによる投資一任運用サービス

■THEOの4つのアピールポイント

1.はじめやすい、つづけやすい。

―スマホで、1万円からはじめられる。

自動積立もできるから、ほったらかしで資産運用―

・最短3分、パソコンやスマホから口座開設を申し込むことができます。

 マイナンバーや本人確認書類はスマホで写真を撮って、webにアップロードするだけ。

・はじめるための必要金額は、たった1万円から。

 ユーザー様の声を受け、投資のハードルを下げました。

・自動積立の利用率は67.5%(※1)、積立停止や再開はいつでもできるから安心で、月額1万円から可能。

 複利効果も期待できるため、お薦めです。

2.プロレベルの資産運用を誰にでも。

―機関投資家も採用している高度な運用手法を、アルゴリズムの力で全ての人に―

・それぞれがノーベル賞を受賞した学者が提唱した、2つの理論(※2)を利用して、

 THEOのアルゴリズムは開発されています。

・最大30種類以上のETFを組み合わせて231通りの中から、お客様に適したポートフォリオを提案。

・手数料は年率・税抜きで1%のみ。売買手数料や為替手数料は全てTHEOが負担。

3.AIを活用してさらなる安心を。

―国内主要ロボアド唯一のAI搭載(2018年8月末時点)。

AIが資産の大幅下落を予想して、リスクを回避―

・市場心理を、運用モデルのインプット元の一つに採用する方法として、

2018年5月よりThomson Reuters Market Psych Indices(以下、TRMI ※3)を活用しています。

THEOの投資対象銘柄もしくは資産クラスに関連するTRMIと市場データをインプットとした

AIアルゴリズムを構築し、各銘柄もしくは資産クラスが一定期間後に大きく下落するかどうかを

AIに判断させています。

・AIが特定の銘柄が大幅下落すると判断した場合、

ポートフォリオの最適化条件をより保守的にすることで、ポートフォリオの下方リスクを抑制する

ことが期待されます。


4.ますます加速する、THEOブランドの拡大

―大手事業会社との提携実現や、スタートアップ支援プログラムに採択。―

・THEOの地域金融機関や事業会社との提携サービス(THEO +)の提携数が2018年8月末時点で19社に。

・経済産業省が政府関係機関と共同で運営する、

世界で戦い、勝てるスタートアップを創出するためのJ-Startupプログラムの対象企業に。

2018年6月に株式会社メルカリ、株式会社ビズリーチ、株式会社マネーフォワードなど92社と共に認定。

      口座開設はコチラから
        ↓  ↓  ↓
 THEO
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント