FC2ブログ
11 << 2019/12 >> 01
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
仮想通貨、FX投資、株式投資、不労所得、おすすめクレジットカードなどを分かりやすく紹介・解説
2019 11-24 Sun 12:09:28
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
ブログランキングでぽちっと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ
にほんブログ村

仮想通貨ランキング

野村ホールディングス株式会社とLedger、Global Advisors Holdings Limitedが

共同設立した仮想通貨カストディ企業「Komainu」が、英領ジャージー島にてカストディと

委託事業者のライセンスを取得したそうです。

ニュースメディア「Financial News」などが報じています。

カストディサービスの提供に向け一歩前進した格好です。

カストディ業務は、投資家の代理人として、有価証券の保管・管理、

元利金・配当金の代理受領、預り運用資産の受渡し決済、運用成績の管理、

議決権の行使などの幅広い業務を提供する、常任代理人業務のことをいいます。

野村証券は以前、「デジタル資産の急激な市場の成長を受け、

機関投資家は市場参入を検討しているが、安全かつ法規制に準拠した

カストディ・サービスが不足していることが市場参入障壁になっている」と指摘しています。

それを契機に、新たに機関投資家向けのカストディサービスの提供するために、

Komainu社を設立しました。

現在の実情として、仮想通貨の高いボラティリティに関するリスクだけでなく、

その管理にかかるリスクも非常に大きいです。

例えば、ハッキングによるウォレットの秘密鍵盗難や紛失などが挙げられます。

カストディサービスが充足することで、前述した仮想通貨を保有するだけで

発生するリスクを最小限に留めることが可能になると考えられます。

業界の一連の課題がカストディサービスの発展・普及により解決されれば、

機関投資家の参入障壁も大きく下がると見られます。

整備がしっかりされれば資金は流入し、仮想通貨全体の時価総額は上がります。

まだまだ仮想通貨の黎明期です。チャンスととらえるかオワコンと見るか。

見極めどころです。

【株式投資・仮想通貨投資をするならSBIです!まずは、Tポイントでできる株式投資から】
SBIネオモバイル証券

【仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル買うなら、GMOがお得です。口座開設はコチラから】



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:仮想通貨情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゼロからヤングリタイヤ挑戦日記!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com