FC2ブログ
06 << 2020/07 >> 08
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
仮想通貨、FX投資、株式投資、不労所得、おすすめクレジットカードなどを分かりやすく紹介・解説
2020 01-22 Wed 11:36:11
[ 投資の予備知識 ]
いつも当ブログを訪問いただきありがとうございます。
下記のボタンをポチッと押して応援していただけますと
大変励みになります。今後ともよろしくお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

ブログランキングでぽちっと応援よろしくお願いします!仮想通貨部門で1位を狙っています!
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ
にほんブログ村

仮想通貨ランキング



投資顧問会社グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード最高投資責任者は、

このところの相場上昇を高く評価して状況は見た目ほど良くないと指摘しています。

私もこの意見に同感で、ニューヨーク市場も日経平均株価も10年以上右肩上がりで、

リーマンショック後からこの傾向が続いています。

マイナード氏は中央銀行の緩和的な金融政策によってもたらされた資産価格の膨張を

「ポンジスキーム(ねずみ講)」になぞらえ、

いずれ崩壊は避けられないとの考えを示してます。

どうしようもない金融商品を高値で売り抜けた人間が儲ける構図です。

ねずみ講とは?



同氏は「転換点に達し、投資家がデフォルト(債務不履行)や

格下げの増加に気付くようになる」と指摘。

すでにある程度の警戒感を持っている私は気づいています。

現状は、高リスク資産の値上がりをよそにデフォルトが増加している状況でしょう。

また、「BBB」格付けの債券にはさらなる格下げのリスクがあり、

いつ何時あるかもわかりません。

格下げが何かのニュースや事件がきっかけで起これば、

多くの賢明な投資家は気づくはずです。

そのときは、リーマンショックのようなポンジースキーム崩壊が起こるでしょう。

それまでは、株価吊り上げバブルは続きますが、

その時期は近いこと間違いないでしょう。

現在、個人ができる対策は警戒しながら価値ある株を買い増し、

そして価値ある暗号資産を安値で買い増す。こんな戦略しかないかもしれません。

以下は私のおすすめです。

株式投資仮想通貨投資をするならSBIです!まずは、Tポイントでできる株式投資から】
SBIネオモバイル証券

仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル買うなら、GMOがお得です。口座開設はコチラから】



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゼロからヤングリタイヤ挑戦日記!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com