FC2ブログ
04 << 2020/05 >> 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
仮想通貨、FX投資、株式投資、不労所得、おすすめクレジットカードなどを分かりやすく紹介・解説
モナーコインとは
2019 01-13 Sun 23:05:11
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、

Mr.Watanabe(わたなべ、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発されている日本初の暗号通貨です。

通貨単位表記は「MONA」。

Litecoinなどの採掘プール「2chpool」を運営していたわたなべが、2013年12月23日にβ版をリリースするが、

すぐにリセットを決定。12月30日に新Monacoinの公式アナウンスを行い、

2014年1月1日0時0分(UTC)に正式リリースされた。

ウォレット(財布)と呼ばれるクライアントプログラムを実行し、Monacoinネットワークに参加する。

P2P通信なので管理者は存在しません。

Litecoinをベースにしていて、ブロックアルゴリズムはLyra2REv2(450,000ブロック以前はScrypt)。

1ブロックにつき50 MONAのBlock Reward(採掘者に対する報酬)が与えられ、

ブロックが生成される時間は平均90秒。発行量の上限は1億512万MONAです。

Premine(開発者による事前採掘)はありません。

当初のdifficulty再設定間隔は2,400ブロックごとだったが、

2014年3月10日の公式クライアントのアップデート[5]で80,000ブロック以降のDifficulty retarget(difficultyを

再設定する算出方法)に「KGW」が採用され、間隔が1ブロックごとに仕様変更された。

2014年3月18日、80,000ブロックに達した。その後、KGWの致命的な欠陥が指摘されるようになり、

Monacoinも2014年5月2日のアップデートで140,000ブロック以降のDifficulty retargetを「DigiShield」

に変更することになった。

2014年5月19日、140,000ブロックに達した。2015年9月のアップデートで450,000ブロック以降の

Difficulty retargetを「Dark Gravity Wave v3」に変更することになった。

2017年3月8日にsegwitの対応のシグナリング開始、4月16日75%以上のブロックでの賛成票を以って

Locked_inされた。4月27日、977759ブロック到達によりsegwitは無事Activateされた。

十分な期間を要してのsegwitのActivateは世界初である。

名前の由来となったのは2ちゃんねる発祥のアスキーアート「モナー」である。

   モナコインのホームページはコチラ
       ↓   ↓   ↓
      https://monacoin.org/
2019 01-06 Sun 21:50:25
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今なら『DMM Bitcoin』オープン記念キャンペーン中!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆手数料最安値水準!

◆取引できる仮想通貨は豊富な7種類!

 現物取引
  ┣ビットコイン(BTC)
  ┗イーサリアム(ETH)
 レバレッジ取引
  ┣ビットコイン(BTC)
  ┣イーサリアム(ETH)
  ┣ネム(XEM)
  ┣リップル(XRP)
  ┣ライトコイン(LTC)
  ┣イーサクラシック(ETC)
  ┗ビットコインキャッシュ(BCH)

◆日本円入出金手数料が無料!
 (入金はクイック入金利用の場合無料)

◆豊富な注文方法を搭載!
 ┗ストリーミング、指値・逆指値、OCO、IFD、IFO注文等。

◆iOS、Androidに対応したネイティブアプリでスマートフォンでも本格取引が可能!

◆種類も機能も豊富なチャート!
 ┗テクニカル指標を多数搭載(移動平均線、一目均衡表、MACD、RSI等)。

◆レバレッジ取引可能!(5倍)

DMM FXでお馴染みのDMM.comグループが運営母体の為、初心者でも安心してお取引頂けます。

        無料口座開設はコチラから
          ↓   ↓   ↓
   DMM Bitcoin

テーマ:仮想通貨 イーサリアム - ジャンル:株式・投資・マネー

2019 01-06 Sun 21:28:41
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
インターネットが世界を一変させたのと同様、

ブロックチェーンは生活の常識を溶かし、新たな価値観を創り出していきます。

世界でブロックチェーンの技術者が圧倒的に不足している中、

FLOCブロックチェーン大学校では最速3ヵ月で実践的なブロックチェーン技術を習得し

コース終了時に受けられるCDLT(Certification for Distributed Ledger Technology)

によるスコアリングをもとに、 技術者を必要としている企業との人材マッチングを行います。

まずは、無料講座から参加できます!コチラから
       ↓   ↓   ↓
エンジニアスクールFLOC


1)最速3ヵ月でブロックチェーン技術を習得

各コースは週1回の授業で、およそ3ヵ月で修了できるようにデザインされているため、

働きながら無理なく続けられます。

※週末に一日4コマずつ受講する短期集中開催もあります

2)確実なスキルアップ

ブロックチェーン技術を基礎から確実に習得できます。

座学の授業でテクノロジーの概念を理解しながら、 実際にプログラミングを

行うワークショップで実践的な技術を身に付けます。(エンジニアコース)

3)最先端の技術習得でキャリアアップ

ブロックチェーンエンジニアは、これからのフィンテックを引っ張っていく人材。

一気にスキルアップを図り、キャリアアップを実現できます。

4)実績のあるエンジニアから直接学べる

黎明期からブロックチェーン技術に携わっている知識と経験が豊富な講師が直接指導します。

5)独自のスキルチェック制度

独自に開発したスキルチェックで技術取得レベルを確認できます。

     まずは、無料講座から参加できます!コチラから
       ↓   ↓   ↓
エンジニアスクールFLOC



テーマ:仮想通貨 イーサリアム - ジャンル:株式・投資・マネー

2018 12-12 Wed 19:22:44
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
イーサリアムとスマートコントラクトについて、苫米地英人さんが話してますので、

こちらの動画を参考にしてください。近い将来に代理人職業、社長すらもいらなくなる

社会が到来する可能性は高いです。

2018 12-06 Thu 12:12:26
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
ビットコインキャッシュ分裂から40%以上の下落を記録したビットコイン価格。

依然、下落相場は続きますが、BitcoinABCの主要メンバーであるロジャー・バー氏は

明るい仮想通貨の未来をインタビューで答えました。

ポイントとなるのは、

①ファンダメンタルで見ると長期的な将来は非常に明るい。

②ビットコインの底値は誰もわからない。

③ハッキングなどのマイナス情報は仮想通貨の認知度を上げるだけ。
 価値がなければハッカーはわざわざ盗まない。

④今後はサトシ・ナカモトが唱えた通り、通貨として利用されるべき
 実用化が普及のポイント

ビットコイン、イーサリアム、リップルを買うなら、口座開設はコチラ
       ↓  ↓  ↓










2018 11-04 Sun 23:00:23
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
圧倒的な流動性の仮想通貨取引所!!

QUOINEが選ばれる理由

・金融庁認可の日本初、仮想通貨交換業者(関東財務局長 第00002号 登録済)

・豊富な通貨ペア数 53種類

・BTCJPY取引率手数料無料(但し、BTCJPY以外の現物取引、レバレッジ取引)、ETH取引は除く)

・ビットコイン価格が他取引所より低い
・スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、iPad、Android)

・0.01BTCから取引可能
・レバレッジは最大25倍

・一括決済ボタンでボラティリティの高い相場に備える
・クイック入金業界最多。約380の金融機関に対応

・大口トレーダーも大満足の最多発注大量、建玉制限なし(但し、例外あり)

口座開設は簡単!コチラから
     ↓   ↓   ↓
ビットコイン

2018 11-02 Fri 11:45:53
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
仮想通貨のステーブルコインと言うものをご存知でしょうか?


「ドル」や「法定通貨」と連動して金額が決まる仮想通貨の事で、テザーが有名ですが、1USDT=1USDという事です。


先日金融庁が、法定通貨と連動するステーブルコインは現状では仮想通貨とみなされないという見解を示したという報道がありました。


最近は新たなステーブルコインが増えており、ステーブルコインを上場させる大手取引所も相次いでいます。


日本でも三菱UFJ銀行は「MUFGコイン」。GMOインターネット株式会社が「GMO Japanese Yen(GJY)」という日本円と連動するステーブルコインを発行すると発表しています。


ドルに連動したコインはもっと多数出来てきています。


その裏でこれまでステーブルコインで有名だったテザー(USDT)は信用不安に直面しています。理由はテザーが十分な米ドル準備金を持っていないのではないかという疑惑が再燃しています。


今後、ステーブルコインは非常に便利なものなのでより使われる事になりそうですが、ただ法定通貨との連動なので、法定通貨と同額の準備金を用意できているかどうかは見極める必要があり長期で使用する時はしっかりした物を選ばないとまずい事になる可能性もあります。


様々な選択肢が増えるのは非常に良い事なので、ステーブルコインには様々なものがあります。


また税制なども分かりましたら続報をお送りします。

2018 11-01 Thu 12:43:29
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
・話題のリップル含む5種の仮想通貨で取引可能!

 -ビットコイン(BTC)
 -イーサリアム(ETH)
 -リップル(XRP) 
 -ビットコインキャッシュ (BCH)
 -ライトコイン(LTC)

 ※5種の仮想通貨は販売所、及び仮想通貨FXのみが対象となります。
 ※取引所はビットコインのみが対象となります。

・仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』
 -全9種類のテクニカル指標を利用可能
 
・仮想通貨ウォレットアプリで簡単操作!
 -ウィジェット機能で仮想通貨の価格をお手軽チェック!
 -トレードから資産管理まで一つのアプリで完結
 
・選べる3種類の取引方法
 -販売所で初心者に優しい2way方式での取引
 
 -仮想通貨FXで価格の上昇、下落両方で取引

 -取引所で売買の気配値を見ながら自由度の高い取引


・安心・安全な取引環境
 -GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした、
資産管理とセキュリティ体制

・各種手数料は全て0円!
 -即時入金、出金手数料、口座開設手数料、仮想通貨の送金手数料が全て無料!
 ※振込入金の場合、不仕込み手数料は本人負担

・少額から手軽に取引スタート
 -100円(0.0001BTC)から取引可能!
 ※1BTC=100万円の場合

      口座開設はコチラ
       ↓  ↓  ↓




2018 10-31 Wed 11:53:01
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
元共和党所属の米国下院議員を歴任したロン・ポール氏が仮想通貨取引への税金の全面的免除を呼びかけました。

またアメリカ、イギリスと日本3カ国の仮想通貨に対する税金規制の現状をまとめています。日本では最大で55%の税率が課せられていますが、イギリスでは未だ規制が明確化していない中、本日「暗号資産タスクフォース」が最終報告書を公開するようです。
2018 10-02 Tue 00:00:10
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
2018年末にビットコインが爆上げするシナリオ

仮想通貨分析家のトム・リー氏は、ビットコインが再び上昇する理由は2つあると述べています。

最初の一つ目は、“仮想通貨市場全体のインフラ環境改善”によるものです。

仮想通貨市場のインフラは目まぐるしいスピードで整い始めていて、利用を受け付ける店舗の数が増えています。

そして、二つ目は、“機関投資家のFOMOが減っている”ということです。

インフラが整備されることによって、大口の出資元の機関投資家の行動も積極的になり、市場全体が上昇する可能性は充分高いものになります。

今年末までにビットコインが1BTC=約210万円の大台を突破するという同氏の今後の見解は、引き続き変わらないようです。

最近の仮想通貨市場では、リップルが100%超の急騰を見せました。

王者ビットコインもそろそろ本気を出すタイミングが来るのではないでしょうか。

今後の動きから目が離せません。
2018 09-20 Thu 13:28:16
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
米ウォール街の金融機関による今後の仮想通貨の動き

昨年末の仮想通貨市場は大きい盛り上がりを見せましたが、2018年に入ってからは弱気相場が続き低迷している状況です。

しかし、いくつかの米ウォール街を代表する金融機関は仮想通貨、ブロックチェーン技術への関心を高めている模様。

主な金融機関は下記にまとめておきました。

■JPモルガン

今年の5月に“仮想通貨・資産戦略部”を開設。

さらに7月には、資産をトークン化し、ブロックチェーン上で取引できるような分散型プラットフォームの特許申請を行っている。

■バンク・オブ・アメリカ

2014年から50以上のブロックチェーン関連特許申請を行っている。

今年の8月に仮想通貨を安全に管理するための秘密鍵管理システムの特許も申請中。

■シティグループ

仮想通貨関連の新しい金融商品の開発を開始した模様。

世界で初めての現物のビットコイン取引が可能な銀行を目指している。

■ゴールドマン・サックス

顧客からの需要が大きいビットコインのカストディサービスやデリバティブ商品への関心を示している。

■モルガンスタンレー

ビットコインのスワップ取引サービスを開始する予定。


米ウォール街の巨人が動くことで、仮想通貨市場も大きく変わっていくことが予想されます。
2018 09-15 Sat 07:42:31
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
リップルは金融機関の支払いコストを46%削減できるようになるようです。


カナダ最大の銀行であるカナダロイヤル銀

行が、2025年の社会を考察するレポート

「Imagine 2025」の中でリップルについて

考察しています。

それは、リップルは金融機関のコストを半

分近くに下げるというものです。


Imagine 2025の主な内容は、AIやクラウド

などについて書かれているものですが

その中でブロックチェーンやリップルにつ

いても言及されており、リップルについては

・従来の銀行間送金で2日から5日かかるところをリップルを使うと即時に送金可能(約3~5秒)

・24時間送金可能、加えて従来の銀行によ

る送金コストも46%削減ができるというものです。

レポートの中では送金業界を根本的に変え

かねない一例として挙げられており、リッ

プルやブロックチェーンに対する期待度が

高いことがわかります。
2018 09-03 Mon 12:08:28
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
仮想通貨をまだ始めていない人は必見です。

ビットコイン BTC と ビットコインキャッシュ BCH があるのをご存じですか。

ビットコインの神様と呼ばれるロジャー・バーさんが以下の動画「ホリエモンチャンネル」で

ビットコインキャッシュの決済通貨としての凄さを語ってくれています。

まだまだ日本では決済通貨としての普及は感じられませんが、テクノロジーの進歩と

大手企業のマーケティングでビットコインキャッシュが決済手段としていろんな場面で

活躍することは間違えないでしょう。楽しみです。

2018 08-31 Fri 22:26:58
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
アメリカ・ヤフーファイナンスで仮想通貨の売買を開始

アメリカのヤフーファイナンス上の売買プラットフォームにて、仮想通貨の売買可能になったことが明らかになったそうです。

ヤフーファイナンスは、最新の株価や為替などの金融情報を提供しています。

仮想通貨の売買が可能になったのは

①ビットコイン

②ビットコインキャッシュ

③イーサリアム

④ライトコイン

の計4種類です。いづれも時価総額トップ10に入る仮想通貨で比較的安定的な通貨です。

日本の「Yahoo! JAPAN」も仮想通貨事業の展開を視野に入れています。

Yahoo! JAPANは子会社を通じて、既に仮想通貨交換事業者として金融庁の認可を受けているビットアルゴ東京に資本参加することを発表しており、今後仮想通貨取引所を行うための準備を進めている模様。
取引所サービスの開始は、今秋を予定されています。

大手企業などの仮想通貨取引所の参入により資金が仮想通貨に流入し、さらなる仮想通貨の発展へとつながることは間違いないでしょう。
2018 08-20 Mon 15:30:39
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
日本の英雄"本田圭佑"が仮想通貨に

仮想通貨取引所ビットポイントに本田がモデル契約

仮想通貨取引所のテレビCM再開も目前

▼本田圭佑×BITPOINT
https://youtu.be/bR241C3q24M


なかなか受けがいいのを出してきますね。
今後のCMには。
2018 08-20 Mon 13:21:50
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
ブロックチェーンプラットフォームをポルノサイト“TUBE8”が導入。

ブロックチェーンをベースとしたプラットフォームを、ポルノサイトTUBE8が導入する計画が発表。

このプラットフォームを利用することでのメリットは、ユーザーがTUBE8の動画を見たり、コンテンツに関わることでトークンを稼ぐことができるようになっているようです。

上記内容については、2018年8月17日にハードフォークが伝えました。

ヴァイス・インダストリー・トークン社と提携して、TUBE8の約1億5000万人の月のウェブサイトの訪問者や約1000万人のTUBE8ユーザーに向けてプラットフォームを開発することが明らかになっています。

今年末までに、このプラットフォームが開発される模様です。
CryptoCM
2018 07-04 Wed 21:04:01
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
・BTC/JPYの取引が可能
・2wayプライスの日本人に馴染みがあるUIを実装
・最大200倍のハイレバレッジで取引可能
・コイン種類8種類通過ペア12種類
・日本語サポートデスクが充実(日本人が対応)。9:00~24:00まで土日祝日も対応。
・コインチェック銘柄(BTC/ETH/BTH/LTC/XMR/XRP)を200倍のレバレッジで取引できる。

(口座開設はこちらから30秒でできます!↓)

https://www.cryptocm.com/jp/create-account?aff=68&sid=4&tr=&str=
2018 07-04 Wed 20:48:43
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
オプション取引ができるのは今のところここだけなので口座開設してみるのはいいかもしれません!

https://www.jex.com/user/register.do?utmSource=3C77A7D1B91EEC94061
2018 04-26 Thu 10:15:07
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
HitBTC(ヒットBTC)は2013年にイギリスで設立された仮想通貨取引所です。

取扱通貨の数が多く、マイナーなアルトコインを多く取り扱っていることでも有名な取引所です。

日本の取引所でも多く取引されているリップル(XRP)、ネム(XEM)、リスク(LSK)、

ライトコイン(LTC)などといったメジャーな通貨もあれば、NEO(NEO)、TRON(TRX)、

0x(ZRX)のような人気の高い通貨もそろっています。

その他にも、ICOで上場したばかりのメジャーではない通貨も多く取り扱っていることが、

HitBTCの特徴です。

まだ価格が安くて、先行投資の対象となる通貨を探してみるのも良いかもしれません。


HitBTCの口座の開設方法をご紹介します。

まず初めに、HitBTCの公式ホームページへアクセスし、トップページ右上にある「Register」をクリックします。

「メールアドレス」「パスワード(大文字と小文字を含めて6文字以上)」を入力し、

「ロボットではありません」にチェックを入れ、Registerをクリックします。

そうすると登録したメールアドレスにHitBTCからメールが届くので、URLをクリックすれば登録完了です。

本人確認等をする必要がなく、通貨を入金すれば売買が可能になります。
(入出金制限もありません)

HitBTCは海外の取引所ですので、日本円を直接入金することはできません。

まずは日本の取引所(ZaifやbitFlyer)でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を購入し、

HitBTCへ送金する必要があります。

また、ICO直後の認知度や取引量が低い通貨は、価格が大きく上がる可能性を秘めていますが、

突然取引できなくなることも考えられるため、より注意深く取引を行うことが重要です。
2018 04-08 Sun 22:29:46
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
 野村ホールディングス(8604)とLINE(3938)は3月28日、金融事業で業務提携の検討を始めたと

発表しています。5月末をめどにLINEが51%、野村が49%出資して「LINE証券」を設立します。

対話アプリ「LINE」上で株式や投資信託の販売など金融サービスを提供し、若年層の資産運用

ニーズを取り込むようです。

 LINEは、昨年、「LINE Pay」の全世界での年間取引高が4,500億円を突破、登録ユーザー数も

4,000万人を達成するなど、大きく拡大をしました。このような流れの中、さらに革新的な金融

サービスの構築・提供を考えているようです。「LINE」上で仮想通貨交換や取引所、ローン、

保険といった、様々な金融関連のサービスを提供する準備を進めており、さらなる金融事業の

拡大を狙っています。また、LINEがこれまでに培ってきた日々のメッセージを扱う高いレベルの

セキュリティに加え、ブロックチェーン技術などの研究開発を積極的に推進しています。

LINEは、「LINE Pay」事業に加え、「LINE Financial株式会社」での事業を通じ、金融事業領域を

さらに強化し、引き続き人とお金・サービスの距離を近づけていくことでしょう。

将来のキャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、フィンテックの世界をリードする存在になることが

予想されます。

なお、仮想通貨事業関連に関しては、既に金融庁への仮想通貨交換業者登録のための手続きを

開始しており、審査中だそうです。

------------------------------------------------------------------------------

 ここに複数の取引所を紹介しておきます。すべて無料メールアドレス登録で

1分で登録は完了するので、面倒くさがらずに今、開設されることをおすすめします。

 ▼bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 ▼GMOコイン

アルトコイン訴求

 ▼Zaif(ザイフ)










2018 04-06 Fri 17:38:53
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
以下はロイターからの抜粋です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マネックスグループ(8698.T)は6日、仮想通貨取引所コインチェックの

完全子会社化を発表する公表資料で、コインチェックの財務諸表の主要項目を開示しました。

コインチェックの財務状況が明らかになるのは初です。

公表資料によると、コインチェックの2017年3月期の売上高は16年3月期比9.1倍の

772億3000万円、営業損益は7億8600万円の黒字(16年3月期は営業利益がゼロ)。

なお、仮想通貨の売却収入から売却原価を控除した純額を売上高とした場合、

17年3月期の売上高は9億8000万円、営業利益は7億1900万円(いずれも概算額)。

17年3月期の純資産は16年3月期比7.8倍の5億4000万円。マネックスGは

コインチェックの18年3月期の純資産の見込み額について、コインチェックが3月に実施した

仮想通貨NEMの保有者への補償後も、17年3月期末の純資産額を下回らないと認識しているとした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ、証券会社の大手 マネックス証券がコインチェック買収で、期待は膨らみますが、

まだまだ整備不十分という感じなので、SBIバーチャルカーレンシーズが出てくるまでは

様子見といったところでしょうか。いづれにしても、仮想通貨はまだまだ初歩の初歩です。


------------------------------------------------------------------------------

 ここに複数の取引所を紹介しておきます。すべて無料メールアドレス登録で

1分で登録は完了するので、面倒くさがらずに今、開設されることをおすすめします。

 ▼bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 ▼GMOコイン

アルトコイン訴求

 ▼Zaif(ザイフ)







2018 04-04 Wed 17:10:41
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今なら『DMM Bitcoin』オープン記念キャンペーン中!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆手数料最安値水準!

◆取引できる仮想通貨は豊富な7種類!
 現物取引
  ┣ビットコイン(BTC)
  ┗イーサリアム(ETH)
 レバレッジ取引
  ┣ビットコイン(BTC)
  ┣イーサリアム(ETH)
  ┣ネム(XEM)
  ┣リップル(XRP)
  ┣ライトコイン(LTC)
  ┣イーサクラシック(ETC)
  ┗ビットコインキャッシュ(BCH)

◆日本円入出金手数料が無料!
 (入金はクイック入金利用の場合無料)

◆豊富な注文方法を搭載!
 ┗ストリーミング、指値・逆指値、OCO、IFD、IFO注文等。

◆iOS、Androidに対応したネイティブアプリでスマートフォンでも本格取引が可能!

◆種類も機能も豊富なチャート!
 ┗テクニカル指標を多数搭載(移動平均線、一目均衡表、MACD、RSI等)。

◆レバレッジ取引可能!(5倍)







2018 03-09 Fri 13:45:03
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
私もコインチェックにて少しNEMを持っていましたので、今回の事件は注視しています。

本日、コインチェックから以下の内容のメールが届きました。今後のよい方向への展開に

期待したいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------

仮想通貨NEMの不正送金に関するご報告と対応について

今般、コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想
通貨取引サービス「Coincheck」において、お客様からお預かりしていた仮想通貨NEMが不正
アクセスにより外部へ不正送金され、また、当該不正送金に伴い同サービスの一部を一時停
止するという事態となり、お客様、お取引先、関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけ
しておりますことを、改めて深くお詫び申し上げます。

当社は、上記の不正送金が発覚して以降、関係機関への報告や警察の捜査等に全面的に
協力するとともに、事案の解明及び原因分析について、徹底した社内調査及び外部調査を行
い、外部専門家の協力も得て再発防止策の実施に取り組んでまいりました。
これまでの調査により判明した事実及び再発防止策について、以下のとおり、ご報告させて
いただきます。

当社は、サービスについて安全を第一に取り組み、再発防止策を徹底し、お客様の信頼を
回復すべく真摯に取り組んでまいります。

1:本事案(不正送金)の概要

当社がお客様からお預かりしていた仮想通貨であるNEMのうち、5億2630万10XEMが、
平成30年1月26日午前0時2分から午前8時26分までの間に、不正アクセスによって外部へ
送金されました(調査の結果、不正送金されたNEM総額等につきまして、当初公表した内容
から変動がございます。)。当時、NEMを保有しておりましたお客様は、約26万人となります。
他方、NEM以外の仮想通貨及び法定通貨(日本円)等につきましては、不正アクセスによっ
て外部へ不正送金されたという事実はございません。
なお、当社は、本事案を検知した後に、二次被害が発生すること等を防ぐために、ビットコ
インに関する一部のサービスを除いて、お客様にお知らせいたしましたとおり、順次サービス
を停止いたしました。
当社がお預りしているお客さまの仮想通貨につきましては、本事案の発生後、被害拡大の
防止のために、各仮想通貨を管理しているサーバーを外部ネットワークから遮断するとともに、
一部ホットウォレット内で管理していた仮想通貨はすべてコールドウォレット等へ退避させる
などの対応を行いました。

2:本事案の発生原因の調査及びその結果

(1)発生原因の調査の概要

当社は、本事案発生後、当社内での調査だけでなく、情報セキュリティ関連の5社の外部専
門家にも調査を依頼し、本事案の発生原因の調査を行いました。これらの外部専門家は、
サイバー攻撃や情報漏えい等のサイバーセキュリティ対応、フォレンジック・マルウェア解析等
に実績のある企業です。
具体的な調査内容として、通信に関するログの解析、従業員のヒアリング、当社の端末の
フォレンジック調査等を実施いたしました。調査の正確性及び信頼性を高めるべく、同一の
調査を複数の外部専門家において行うなどして、本事案の原因究明に努めてまいりました。

(2)調査結果の概要

前記(1)の調査の結果からは、外部の攻撃者が、(a)当社従業員の端末にマルウェアを
感染させ、外部ネットワークから当該従業員の端末経由で当社のネットワークに不正にアクセス
をし、遠隔操作ツールにより当社のNEMのサーバ上で通信傍受を行いNEMの秘密鍵を
窃取したうえで、(b)窃取したNEMの秘密鍵を使用して外部の不審通信先にNEMを不正送金
したものであると想定されております。
また、当社におきましては、お客様からお預かりしていたNEMをホットウォレットにて管理をして
いたことから、上記の不正送金を防止することができませんでした。

3:サービス再開に向けた取組み

当社は、情報セキュリティ関連の5社の外部専門家の協力を経て、サービス再開に向けた取り
組みを行ってまいりました。当該専門家は、金融系システムセキュリティ対応、サイバー攻撃
や情報漏えい等のサイバーセキュリティ対応に知見があり、多数のセキュリティ・エンジニアを
抱える、情報セキュリティに実績のある企業です。

(1)ネットワークの再構築

当社は、本事案を踏まえ、当社の社内ネットワークの再構築を実施しています。新ネットワーク
においては、外部ネットワークから社内ネットワークへの接続に対する入口対策を強化するとともに、
社内ネットワークから外部ネットワークへの接続に対する出口対策においても多層防御を行います。
また、当社内部におけるアクセス制限や、外部からのアクセス制限を強化し、外部からのサイバー
攻撃の防御と監視を行ってまいります。

(2)サーバーの再設計及び再構築

当社は、本事案を踏まえ、サーバの再設計及び再構築を行っております。サーバの再設計及び
再構築に当たっては、セキュリティ対策の強化のため、各サーバ間の通信のアクセス制限の強化、
システム及びサーバの構成の見直しを実施しています。特に、機密性の高い重要情報については、
暗号化等の方法により管理を強化して、安全性の高い管理を行うことといたしました。今後は、
サーバに対してペネトレーションテストを定期的に行うこと等により、定期的に安全性の検証を行い、
再発防止に努めてまいります。

(3)端末のセキュリティ強化

当社では、業務に使用する端末を新規に購入し、既存端末と入れ替え、端末がマルウェア等に
汚染されている潜在的なリスクを排除しています。また、今後の利用にあたっては、上記(1)の
ファイアウォールに守られた新規ネットワーク上の安全な経路を利用してまいります。
その他、端末認証の強化、社内ネットワークに接続できる端末の制限を行うなど、端末の
セキュリティについても強化しています。

(4)セキュリティ監視

当社は、本事案のような外部からの不正アクセス対策として、社内におけるモニタリング
の強化に加えて、金融系システムセキュリティ及びサイバーセキュリティ対応に関する外部
専門機関によるセキュリティ監視を実施することにより、万が一、外部からの不正アクセスに
よって、社内ネットワークに侵入を許した場合にも、被害の発生や拡大の防止を図ってまいります。

(5)仮想通貨の入出金等の安全性の検証

サービス再開に向けて、当社は、コールドウォレットへの対応等、安全に入出金等が行える
技術的な検証を順次進めております。後記6のとおり、サービス再開に必要な技術的な安全性等
が確認した仮想通貨から順次、一部サービスを再開いたします(ただし、BTCは当初より売買
を停止しておりません)。なお、これらの対策につきましては、金融系システムセキュリティ及び
サイバーセキュリティ対応に関する実績のある外部専門家の確認・検証も経たうえで実施して
おります。

4:システムリスク管理態勢の強化

当社は、前記3の技術的対応に加えて、以下のとおり、システムリスク管理態勢の強化を図る
ことにより、再発防止に取り組んでまいります。

(1)システムセキュリティ責任者の選定と専門組織の設置

当社は、業務部門から独立した内部管理部門において、新たに金融機関出身者をシステム
セキュリティ責任者(CISO)に選任いたしました。システムセキュリティ責任者(CISO)は、
取締役会と連携してシステムリスク管理態勢の構築に取り組んでまいります。また、システム
セキュリティ責任者(CISO)の業務を補佐する専門組織としてCISO室を新設いたしました。
CISO室では、社内の各セキュリティ対策のために、以下のような施策を実行してまいります。

・ 自社のシステムセキュリティ対策基準の改訂・実施
・ インシデント対応フローや手順の改訂・実施
・ 社員へのセキュリティ教育や定期的な教育の実施
・ 実効性のある業務運営に必要な人材強化 等

(2)システムリスク委員会を設置

当社は、情報セキュリティ及びシステムリスク管理を強化するため、社内委員会として、システム
リスク委員会を新設しました。これまでは、当社のリスク委員会が、情報セキュリティやシステム
リスクを含むリスク管理を担っておりましたが、システムリスクに特化した社内委員会を新設する
ことで、全社的なセキュリティリスクの把握及び各部署の責任者に対しセキュリティ対策に
関する指示等を実施してまいります。

(3)内部監査態勢の強化

当社では、本事案の発生を踏まえ、内部監査部門の人員等の強化を図るとともに、内部監査規程、
監査計画等の見直しを行い、内部監査機能の強化を図ってまいります。また、システムリスク管理
態勢の整備状況を重点監査項目として内部監査を実施してまいります。監査にあたっては、
必要に応じて、外部専門家による外部監査等も利用しながら実効的な監査の実現に取り組む予定
としております。

(4)その他経営体制の強化

前記(1)から(3)のシステムリスク管理態勢の強化に加えて、経営体制の強化や監査役による監査
機能の強化等を行い、再発防止に取り組んでまいります。特に、顧客保護の観点から、適正かつ
確実な業務運営を確保するため、抜本的な経営体制の見直し、また顧客保護を徹底した経営戦略の
見直し等を行ってまいります。
この点につきましては、具体的な内容が決まりましたら、改めてお知らせをさせていただきます。

5:お客様窓口の拡充とNEMの補償について

(1)お客様窓口の拡充

お客さまには、本事案の発生により多大なご迷惑・ご不便をおかけしていることから、お客さまから
の問い合わせにつきましても、本事案に専門で対応を行う人員を増やして対応してまいります。

(2)NEMの補償について

当社は、不正に送金されたNEMを保有していたお客様に対する補償について、来週中を目途に
実施いたします。詳細に関しましては、当社コーポレートサイト等で随時お知らせをいたします。

6:一部サービスの再開について

当社は、来週中を目途に、再開にあたっての技術的な安全性等の確認が完了した仮想通貨
から順次、一部サービスを再開いたします。詳細に関しましては、当社コーポレートサイト等で
随時お知らせをいたします。

7:今後の当社の事業継続について

当社は、今後も、一時停止中のサービスの再開に向けて全力を挙げて取り組むとともに、
金融庁への仮想通貨交換業者の登録に向けた取組みも継続し、事業を継続してまいります。

このたびは、不正アクセスによるNEMの不正送金及びこれに伴う一部サービスの一時停止等に
より、お客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑とご心配をおかけしておりますこと、
重ねてお詫び申し上げます。当社は、引き続き一時停止中のサービスの再開に向けて全力を
挙げて取り組むとともに、二度とこのような事態が発生することのないよう前記の再発防止策を
徹底し、お客様により安心してサービスをご利用いただけるよう努めてまいります。

------------------------------------------------------------------------------

 ここに複数の取引所を紹介しておきます。すべて無料メールアドレス登録で

1分で登録は完了するので、面倒くさがらずに今、開設されることをおすすめします。

 ▼bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 ▼GMOコイン

アルトコイン訴求

 ▼Zaif(ザイフ)










2018 03-08 Thu 12:54:06
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
金融庁は8日、仮想通貨を大量流出させた交換業者大手コインチェック(東京)の顧客保護

体制が不十分だとして、2度目の業務改善命令を出しました。これで、どれだけリスク管理が

なされていなかったかが露呈しそうです。

 また登録審査中のみなし業者として営業しているビットステーション(名古屋市)の幹部に

よる顧客の仮想通貨流用が判明。同社とFSHO(横浜市)に1カ月間の業務停止を命じています。

 このほか、テックビューロ(大阪市)、GMOコイン(東京)、バイクリメンツ(東京)、

ミスターエクスチェンジ(福岡市)にも業務改善命令を発動。いずれも顧客保護や資金

洗浄対策に不備があると判断したようです。 本日は、大幅に仮想通貨全体が下げています。

まだ、悪材料が出尽くした感はないので、下がっても仕方ないと見ています。

SBIや楽天あたりが、仮想通貨取引所として信託会社で顧客の資産保全をしない限り、

ギャンブル的な投機のイメージは拭うきれず、仮想通貨の真の実力を発揮し、日本を変える

大きな原動力になるには、時間がかかることでしょう。今の各仮想通貨の価格が底値かどうか

の判断は今のところ、非常に難しい境地ですね。取引所開設の準備をしておいたほうがいいのは

確かですが・・・

------------------------------------------------------------------------------

 ここに複数の取引所を紹介しておきます。すべて無料メールアドレス登録で

1分で登録は完了するので、面倒くさがらずに今、開設されることをおすすめします。

 ▼bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 ▼GMOコイン

アルトコイン訴求

 ▼Zaif(ザイフ)







2018 03-02 Fri 11:32:35
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
2018年9月中旬に
上場決定済みICO「Unizon」

今なら、登録するだけで、
先着で40UZNトークンを無料プレゼント中!

「Unizon」を多くの人に知っていただくために、
今回、エアドロップを行っています。

エアドロップに参加する条件はとても簡単で、
ICO「Unizon」に事前登録をするだけ。

事前登録をした先着5万人に、
40UZNトークンを無料で獲得できます。

また、UZNトークンは、
2018年9月中旬に仮想通貨取引所へ上場しますので、
トークンの売買をすることが可能。

エアドロップで無料で獲得したUZNトークンに価値が生まれ、
儲かってしまう。ということです。

ICOは先行者利益があり、スピードが命です。
こちらから登録可能です。

     ▼   ▼   ▼   ▼   ▼






2018 03-01 Thu 10:19:13
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
世界最大の資産運用会社ブラックロックとは
    ▼    ▼    ▼    ▼
https://www.blackrock.com/corporate/about-us

ブラックロックのマネージングデイレクターのリチャード・ターニル氏は、同社の公式ブログで、

仮想通貨が時間の経過とともに広く受け入れられる可能性があると示しました。

その一方で、現状仮想通貨は投資先として不安定で、ポートフォリオに組み込まれるまでには

距離があると述べています。700兆円規模の資産運用をするブラックロックが仮想通貨の

将来的な普及に言及したことは、仮想通貨市場にすでに参加している人にとっては大きな意味

があります。最近では、バンク・オブ・アメリカやゴールドマン・サックスなどの金融機関が相次い

で仮想通貨について見解を公表しており、仮想通貨市場がすでに無視できない規模にまで成長

していることを表しています。世界がこのボラタリティーは高いが未来の資産運用先になりうる

分野に大きな興味を注いでいる何よりの証拠です。

ターニル氏は、仮想通貨は広範囲での普及の可能性を秘めているとしたものの、投資するには

不安要素が多いと注記しています。これからの動向が楽しみです。

世界最大の資産運用会社ブラックロックの公式ブログ(英文)
      ▼    ▼    ▼    ▼
https://www.blackrockblog.com/2018/02/27/cryptocurrency-hype/ 

------------------------------------------------------------------------------

 ここに複数の取引所を紹介しておきます。すべて無料メールアドレス登録で

1分で登録は完了するので、面倒くさがらずに今、開設されることをおすすめします。

 ▼bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 ▼GMOコイン

アルトコイン訴求

 ▼Zaif(ザイフ)







     
2018 02-28 Wed 13:32:31
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3大銀行が、スマートフォンで簡単に代金支払いが

できる「QRコード決済」の導入に向け、統一規格づくりに乗り出すようです。

多くの顧客を抱える大手行が組み、キャッシュレス決済の拡大を目指します。

 この決済方法は、画面に表示されたQRコードをスマホで読み取るだけで、

銀行口座からの引き落しなどが終わる手軽さが特徴。データの読み取り方法などを統一

すれば、複数のアプリを使い分ける必要がなく、小売店も導入しやすくなります。

キャッシュレス化が拡大すれば、それぞれが独自のコイン(仮想通貨)を発行し、

そのコインの流通量と利便性で図られることになるでしょう。大手企業、銀行はここに

向けて、急激に舵を取ってきています。まだ、QRコードでの決済は大衆化されてぃません

が、主流になり、キャッシュレス化された社会になるのは時間の問題でしょう。

------------------------------------------------------------------------------

 ここに複数の取引所を紹介しておきます。すべて無料メールアドレス登録で

1分で登録は完了するので、面倒くさがらずに今、開設されることをおすすめします。

 ▼bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 ▼GMOコイン

アルトコイン訴求

 ▼Zaif(ザイフ)





2018 02-25 Sun 22:01:11
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
2018年、下落が続く仮想通貨市場で、ひときわ上昇を見せるライトコイン。

仮想通貨の実用化に向けてLitePayを26日にリリースすることが

Twitterで正式にアナウンスされました。

https://www.litepay.us/

ビットコインにすでにそのようなサービスがありましたが、取引量の増大に

よってネットワークの混雑や手数料の高さが問題になっていました。

そんな中LitePayの使い方はいたってシンプル。

①商品を購入

②QRコードをスキャン、または文字と数字の文字列をコピーして貼り付ける。

③受け取ったLitecoinをVisa互換システムによって即時にドルに変換

④取引先の銀行に直接送金される

といった流れです。また、手数料も1%と安価になっています。即時の送金システム

により大きく変動して損失を被るリスクも非常に少なくなります。

ViSAと提携し、ライトコインデビットカードを発行することで、ATMや世界中のVISA加盟店

でライトコインが使えるようになります。そして個人の機密情報の提出が不要なため、

情報漏えいやなりすましのリスクをなくすこともできます。

すでにVISAと提携を発表していることから普及の可能性は高く、近い将来ビットコイン決済より

主流になるかもしれません。

------------------------------------------------------------------------------

 ここに複数の取引所を紹介しておきます。すべて無料メールアドレス登録で

1分で登録は完了するので、面倒くさがらずに今、開設されることをおすすめします。

 ▼bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 ▼GMOコイン

アルトコイン訴求

 ▼Zaif(ザイフ)



ICOの心構え
2018 02-14 Wed 22:00:04
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
BTCなどの流通通貨からICO案件へ資金が次々と移動し、

世界中の投資の興味はICOに移り変わっています。

まだ、ICOに慣れていないという方に対して、ICO参加への

心構えをお伝えしたいと思います。

まず、ICOは超短期ではなく、中長期で考える視点が大切です。

株のIPOと同じく、初上場日には、売りが出る傾向があります。

ADAのように上場から1年で100倍以上になった例もあり、

上場後に中長期で値を伸ばすケースもあります。

3月9日にHEROが上場するQEYPTOSは日本からはできず、

必然的に日本から買われた人はホールドを余儀なくされます。

▼▼▼ 巨大ICO案件 HEROとは ▼▼▼
https://membership.herotoken.io/ref/vpzlunccVLg



日本から売買できる取引所へ上場する際に現在のプレ値

1HERO=0.005ETHを超えていければ含み益に期待できます。

かつてのyahoo株が何倍にも株価を上げたように、IPOと同じで

信じるICOが事実として成長すればするほど価値は高まります。


ここに複数の取引所を紹介しておきます。すべて無料メールアドレス登録で

1分で登録は完了するので、面倒くさがらずに今、開設されることをおすすめします。

 ▼bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 ▼GMOコイン

アルトコイン訴求

 ▼Zaif(ザイフ)









2018 01-28 Sun 19:56:40
[ ☆ 仮想通貨 ☆ ]
 コインチェックのNEM不正流出の事件を受けて、あらためて

仮想通貨の管理は、ハードウォレットか取引所の複数開設による

超分散投資がいいのでないかと判断しています。

 個人でウォレットを持つのは、財布を持つのといっしょのようで

取引が今のところはメインの仮想通貨においては、少し不便です。

今回のNEM流出事件で仮想通貨それ自体はとても価値があることを

証明しました。マウントゴックスのビットコインと同様、主要なアルトコインは

価値があります。まだまだ改良され、世間に知れ渡れば既存の法定通貨が

駆逐される可能性もあります。通貨の覇権がどうなるかは、わかりませんが

おそらく複数のコインが世界中をネットを通して行きかい、契約・決済が簡単に

できるのは時間の問題、人間の認知度の問題になると思います。

今のうちに一般のわれわれができることは、たくさんの取引所を開設し、資産を

分散化することでしょう。ひとつの取引所では、リスクがありすぎますが、複数の

取引所でビットコインとそれ以外の主要なアルトコインを分散させて持っておくこと

がベターなリスク管理になるのではないでしょうか。

 ここに複数の取引所を紹介しておきます。すべて無料メールアドレス登録で

1分で登録は完了するので、面倒くさがらずに今、開設されることをおすすめします。

 ▼bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 ▼GMOコイン

アルトコイン訴求

 ▼Zaif(ザイフ)



copyright © 2005 ゼロからヤングリタイヤ挑戦日記!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com